曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

カテゴリー "音楽" の記事

画像が粗いのはわざとだから、別に携帯のカメラ性能が急に劣化したとかじゃない。




IMG_20150925_4.jpg


おかげさまで、
ものすごく久しぶりに、曲ができました。

ベトナムへ来てから、他のバンド提供向けに詩を書いたことはありましたが、
自分で曲まで書いたことはなかったので、
かれこれ3年ぶりぐらいのソングライター活動です。


何度も言っているように、私は、元来、音楽の才能が無く、
歌詞は書けても、そこから曲までつけて完成させるのに一苦労なので、
自発的に 「曲を書こう」 という発想と意欲が、もともと出てこない人間なのです。

私の中では、近い将来云々の話ではなく、
長い時間をかけてでもいいから書きたい
一つのテーマの物語を常に内部に抱いておりまして、
それは物語としての成立という道筋とまた別に、
音楽劇として成り立たせるというアプローチも、手段として目指しています。
(私の中で、それは「生涯目標ミュージカル作成計画」
 という壮大なプロジェクト名で呼ばれている。ちなみに今命名しました)


今回は、その題材を物語として完成させる進行に
着手したいという創作意欲に駆られ始めたのがきっかけで、
いろいろと思惑をめぐらせていた中、
同題材の音楽劇としての一面においても同様に、
突如クリエイティブな欲求が漲り始めたため、
勢いあまって、劇内の楽曲の一部ということで、
曲の作成に衝動的に取り掛かったわけなのです。

ですから、やはり、ゼロの状態から 「曲を書こう」 という流れだったわけでは全然なく、
「小説を書こう」 からの派生でそちらへたどり着いたというだけのことなのですが、
そのように別の入り口があることによって、
私が 「曲」 という苦手意識の領域へ挑みだすことができるという良い証明になりました。


しかしこの題材について、
音楽劇の楽曲部分も全部自分で作ろうとは到底思っておりませんので、
私が書いた話と詩の意味を完全に理解してくれ、
更にその世界観に則った上に私の欲する響きをもった曲を生み出すことのできる方に、
音楽部分を担当していただくという共作が、この場合は理想の製作手段なのですが……。

私は子供の頃から、残念ながら、
「人と一緒に物を作る」 というあらゆる行動が本当に苦手な人格を誇っておりまして、
そこで、完全に一人での作成・一人での表現、が可能な、
文学というエクスプレッションを自分で選んだのは、
結果的に考えてみると、ある意味必然でもあり、
消去法の末の止むを得ない選択だったのかもなどとも近頃は思っていますが、
まあ、そんなお一人様行動のプロフェッショナルである私であっても、
日本でダウニーをやっていたころは、
最終的にまったく難なく共作ができていたというのは、
上述のような傾向を持つ相方に恵まれた故での話でもありますので、
今の私がやけに重きをおいている 「自分の創作段階における孤独性」 に、
必要以上に執着することも無いのだという気もしています。



とはいっても、今回作った曲に関しては、
完全に 「自分の創作段階における孤独性」 に
必要以上に執着した経緯の末での産物ではありますが、
なかなかに、望んだ通りの作品を出来上がらせることができ、
割に満足している次第です。

もともと、自分が歌いたいとして作った曲ではありませんが、
せっかくなので当面は自分でも歌います。

近日中に演奏をさせていただく場面の機会がくる予定ですので、
また、音源も、ここか、もしくは違うどこかにでも上げようと考えております。


どんどん増やして、ゆくゆくは完全ミュージカル化。

これは冗談じゃなくて結構真面目に言ってますからね!
しかも30分とかじゃなくて、2時間半サイズですからね!
休憩挟むと所要3時間!
どうぞよろしくお願いします!




復讐心は毒と同じ






やったよ、マクロスフロンティア、リトライ!!



あくまでも、「リベンジ」 ではなく 「リトライ」 です。


ちなみに、上記のような文字リンクを張ると、
スマホから見ている方にはリンクだということが伝わらない表示になっているということ、
つい最近知りましたが、
直すのもちょっと面倒くさいので、
スマホから見ていただいている方々は、
どうか今後も、
リンクがあっても気付かずにそのまま普通の文として読んでいただけますと幸いです。




とりあえず口内炎が一週間治らなくて精神がガサガサしているので、
落ち着いたら落ち着いたなりに落ち着いた内容のブログを落ち着いて書きます。


Manga Festivalありがとうございました!
次回はいよいよLCL遠征ライブいっちゃうよ!
その前にもいろいろあるから来月は忙しいよ!
レッドブル一日三本は飲みすぎだよ!



埋まらない傷 光恐れてた





IMG_20150701_2.jpg



ものすごく久々に、
6年前ぐらいの自分が歌っているライブ映像 (30秒程度) を見たら、
歌も動きもやる気なさすぎ甚だしく、割と真面目にショックを受けました。

ライブDVDは、日本に帰ればあるので、
次回帰った際に精神状態が安定している時など、
興味本位で紐解いてみようかなとは思いますが、
今回たまたま見たのは、過去の写真を探している時、
ライブ写真フォルダの中に、カメラの動画撮影分が紛れ込んでいたからです。

コスプレは結構真面目にやっているのに、
棒立ちでダラダラ歌うその様は、なかなかに衝撃的で、
ある種、厭世観すら生み出せそうなほどの、
稀有な倦怠感を視覚と聴覚から覚えることができ、
割合おもしろい30秒を味わうことのできる動画です。



ちなみにコスプレは、マクロスフロンティアの時でした。
シェリル・ノームの 美星学園制服版衣装だったので、
当時ライブを見に来てくれたお客さんに
「え、セーラームーンですか?」 と勘違いされた記憶が印象深いです。

でも動画では、そんな格好で 「ペガサス幻想」 歌ってました。
前代未聞のやる気無さで「せいんせぇやー」とか言ってました。
今だったら、たぶん、もう若干は、マシになると思います。
ちゃんと 「聖闘士星矢ー」 って発音できると思います。
あれ、でもよくよく考えたら、オリジナルのMAKE-UPさんも、
完全100%の完璧プロナウンスで 「せいんせぇや!!」 って言ってるから、
やっぱりそっちの方が正しい気がしてきた為、良しとします。



この時は、マクロスFの 「ライオン」 (女子二名のデュエット曲)を一人で歌って、
最後の半音上がるあたりで半ば死に掛けていましたが、
次回イベントでは、LCLでもライオンやります。(予定)
個人的には、実に六年越しのリトライです。


あとはそれ以外も色々リトライしますが、やはり感慨深いものがありますね、
とりあえず今月末までに、
金髪コスプレでもオカマっぽくならないような、
何かしらの方法を編み出さないといけないので頑張ります。




画像は、また当時のバンドメンバーに無断で掘り出したけど、
サイズ超小さくしたからきっとみんな許してくれる。
ジュンヤくんアルトはドラムの宿命で全然写ってないけどきっと許してくれる。


想いは伝えたら壊れちゃう





JUNさんが作ってくれた、LCLのネタ動画


ギター担当YOSHIさんによる、
「ふわふわ時間」 の後半、 「寝ちゃお寝ちゃお寝ちゃおー」 という箇所の
台詞のっとりシーンを集結させた動画ですが、
もはやこの辺、毎度毎度おなじみの展開になってきたので、
だんだん、カメラマンのぐっさんが、
泥棒ポイントで彼を追ってくれてるのもよくわかり、笑えます。

動画内の突っ込みの入り方や、構成の切り口が秀逸なのに加え、
軽く、今までのバンドのイベントライブの歴史のおさらいにもなる、
大変愉快なムービーですので、是非ご視聴ください。


そして、
毎回、YOSHIがどんな暴挙に出てくるかまったく予測がつかないため、
この部分が近づいてくると、ドキドキ身構えてしまうのですが、
今回は、彼が新たなパフォーマンス(客いじり) に現を抜かしてくれたおかげで、
本来の構成どおり、穏やかに進められそうだ!と安心しきっていたところ、
その瞬間現れた、予期せぬ伏兵の反乱に、心底度肝を抜かれました。


動揺と狼狽とで、その後の歌入りのタイミングを間違っちゃうから、
もう、やめてほしいですよね、
でも、口ではそんなことを言いながら、
次回もまた、盗まれることを期待している私も、いますよね、
まったく、困った泥棒さんたちよね。



それは一瞬だった 抗う隙すらなかった




まさか彼女が悪魔だったなんて
彼女は告げた
「全員呪ってくれる お前たちは学びはしない
 私が去れば もう止められない」
誰もが笑っていた
彼女が言うまでは
「燃えろ!」


警告はあったのに 誰も気付かなかった
大地は轟いた
私たちは ただ立ち竦んだ
誰一人として免れはしなかった
今も未だ 聴こえる
「燃えろ!」


-----------------------------------

明後日ライブで参加させてもらう曲の英語歌詞、
ビックリするぐらい覚えられていないことに気付き、
今、がんばって覚えようと挑戦しているのですが、
ビックリするぐらい覚えられていない現状があるので、
とりあえずちょっとでも馴染むように歌詞を訳して遊んでみました。
いつも通りの意訳濃度200%です。
いや、でもいつもに比べたらそこまででもないな。
たぶん157%ぐらいに、今回は押さえられた自覚があります。

でも、おかげさまで、書く前より、ちょっとは内容が入ってきたかな。
結構、好きな感じですよ。
途中の 「When I leave there's no return」 とか、いい感じですよ。
調子にのって 「大空高く飛び立つ今 誰にも止められない」 とか
やってやろうかと思いましたけど、
そうするとさすがに原型を留めていない、
というか物語自体が変わっちゃいますからね、自粛しました。
そこまでやるなら、もう冒頭の 「悪魔」 も 「魔女」 に変えちゃいますからね。


あとは、 「燃えろ!」 って書いた時、何故か二回とも 「萌えろ!」 って
変換されて、ちょっと心にぬるま湯ぶっかけられたみたいな、
なんとも言えないやるせなさを覚えることができたりして、貴重な体験でした。

そんなこんなで、なんだか、だんだんと楽しくなってきました。
そして、歌詞については、書いてみる前と比べて、
ビックリするぐらい覚えられてません。