曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

上にトナカイがいるように見えるのは、本当に天井からサンタやらトナカイやらも吊るしているからです。ゴージャス。さすが高島屋。



46362876_937771909753244_2664825648647766016_n.jpg


今年もこの季節がやってきました。
ベトナム人のみなさんのクリスマス熱も年々上がっているように感じ、今日にいたっては、オフィスで一日中クリスマスソングBGMのリピートがされていたため、クリスマスソングが頭から離れなくて、クリスマスソング漬けというか、もうクリスマスソングがもうとにかくクリスマスソング。

ですが、数年前の私だったら、こんな拷問クリスマスソング責めに耐えることができず、ものの小一時間で音を上げていたところでしょうが、冷静に考えてみると、今日においては、言うほど不快に感じていない自分がいるように思います。

もしかすると、私の原因不明のクリスマス苦手反応も、いい加減尽きてきたのかもしれません。なんといったって、原因不明ですから。というかむしろ原因なんて無いんですから。
自分でも不思議だなと思いながら20年近く続けてきたわけですから、そろそろ飽きというか、慣れというか、そんな麻痺にも近い感覚に到達しても、決しておかしいことではないと思うのです。

まあ、あとは単純に、子供のためにクリスマスも何かしらやらないといけない立場になってしまったから、自分の中で、もう好き嫌いでどうこういってられる次元ではない対象、という認識に変わったのか。

たぶん後者ですね。
なんたって、ハロウィンもちゃんとやってあげたし。
ちゃんとっていうか、幼稚園のイベントだったから完全に強制だったけど。間際になってバタバタ衣装探したけれど、良いのが全然見つけられなかったから、夏に日本でネタとして買っておいたスイカのつなぎでごまかしたけど。ちなみに去年のベビー会でのハロウィンも、スイカロンパースで出席させました。

ハロウィン=スイカ、という我が家限定のゆがんだ認識が息子に植え付けられそうな予感。
スポンサーサイト