category日常

私のブログのタイトルは沙羅双樹ではなく曼珠沙華です

trackback--  comment--



14037523_1796590200576205_1753499919_o.png


東京秋葉原にて、6月18日~29日に開催されていた、
「聖闘士星矢30周年展」において販売の、
イベント限定グッズ、「黄金聖衣Tシャツ」、乙女座シャカ。

このような希少価値の高い商品を、
なぜ私が手にすることができたのかというと、




そうです、お盆だからです。
(兄からの土産)







ちなみにTシャツはリバーシブルになっており、
裏面は目を開いたバージョンの目元デザインでした。

大変素敵に思いますが、
私はこういった丸襟のTシャツは致命的に似合わないので着れず、
もし着用するのであれば首元を切ってリメイクするしか手段がないのですが、
さすがにこのTシャツを切るほどの勇気も度胸もなく、
そうなると着ることもできないため、
いったいどうしたものかと頭を悩ませている次第です。






ということで、一か月ぶりのブログですが、
この酷暑の日本の夏を皆様無事に過ごしていらっしゃいますでしょうか。

私は、湿度と不快指数の高いこの毎日にまったく頭が働かない上、
文章を書こうにも書けないシチュエーションが続き、
長文の投稿を一つ書くのに、一か月もかけてしまう始末です。

日本の夏はなぜこれほど過ごしづらいのでしょうか。

今、汗をダラダラかきながら、
気温は同じぐらいであるはずのホーチミンと比較し、
そのように不思議に感じていましたが、
冷静に考えてみたら、
ホーチミンに居る時は屋内=冷房が割と徹底している生活をしており、
日本(実家)に帰ってくると、昔ながらの忍耐精神で、
耐えれる範疇は冷房をいれない修行生活に励んでいる、

そんな違いだけであることに思い当たりました。


人生は日々苦行。


一か月熟成の長文ブログはようやく書き終えたので、
そのうち気が向いたら投稿します。






ちなみにサ○マルクカフェのカキ氷(解決編)記事ではありません。

上述の通り書く時間がないのでまだ書けていませんが、
でも、これをしたためることが私の一生のうちの使命の一つと思う、ぐらいの
異様とまで言える偏執的意欲は未だ失われていませんので、
全国の激マズカキ氷研究家の皆様は、ご期待のうえ今しばらくお待ちください。


そしてサンマ○クカフェ新潟万代シテイ店の店員さんは首を洗って待っていてください。



スポンサーサイト