category日常

本日の「ジャケ買い」

trackback--  comment--


IMG_20160615_4.png


「シャンプーどれにしようかなぁ、悩むだろうなぁ」
などと、ひとりごちながら、
ドラッグストアのシャンプー売り場へ足を踏み入れたくせに、
これが目に入った瞬間に、即決購入。

他のものと悩む余地は一切ありませんでした。
私がベトナムで200ml・600円で購入していたシャンプーは、
530mlボトルのシャンプー&コンディショナーセットで特売900円でした。

アリエルボトルのシャンプーの使い勝手は、
特別良いという感じもしませんが、
この場合は、見た目からの存在そのものが、
「バスルームに入ること自体が楽しくなる」という最大の効果を齎してくれているため、
別に、シャンプーとしての能力はこれ以上問う必要もないように思います。


あと、以前、シャンプーのことに触れた記事の中で、
「香水を変えたいけど、半分以上残っているからまだまだ無くならない」
といった内容のことを書いたことがありますが、
その香水は、ベトナムから日本への運搬途中、
どういうわけか、スーツケースの中で す べ て 流れて無くなったため、
おかげさまで、いつでも新しい香りへ手出しすることが可能な状況となりました。

スーツケースの中はめちゃくちゃいい匂いになってました。
ちょうど、緩衝材として瓶の周辺を固めていた下着類にいたっては、
あまりにも激しくいい匂いになりすぎて、さすがにそのままでは使えないレベルだったので、
とりあえず全部一度洗濯してみましたら、今度は洗濯機がいい匂いになりました。



バラの香りのお勧め香水がありましたらお教えください。

ダマスクローズ系の、ちょっと生花っぽいリアルさのあるバラ感を求めています。
でも実際のバラからは、あまりそういう匂いがしなかったりするんですよね。
唯一、枯れかけのバラからは豊かな香りが立ち上りますが、
それを有り難がって愛でていた私にドン引きしていた周囲の方々に言わせると、
それはただの腐臭だったらしいし。


生の醜さと死の美しさは紙一重だということでしょう。



スポンサーサイト