category音楽

一時帰国中

trackback--  comment--


IMG_20160607_18.png


日本の部屋の整理をしていたら、懐かしいものが色々出てきました。

その中で発掘した、4年前に私が日本でボーカルを担当していたバンド・SASの
ライブDVDを久々に観てみましたが、
絶対に、「途中で猛烈な自己嫌悪に襲われて停止ボタンを押す」
に違いないであろうという確信を抱いた上で再生を始めたにも関わらず、
そんな低いハードルの状態で始めたせいか、
最後まで、思ったほど、耳をふさぎたくなる衝動には襲われずに済みました。
それどころか、むしろボーカルは、LCLの時より音外しが少ないような……
まあ、こちらはほぼ棒立ちに近いので、これで音外していたらもう
どんな言い訳もできないんですけどね……

これは、冬の新潟ジャズストリートにおける、うどん屋ライブという超特殊環境
(合間合間で、「○番でお待ちの方~!」という店員さんの声が背後に入る)
だったわけですが、そんな難易度の高いシチュエーションだったにも関わらず、
まとまり感とグルーヴ感が安定していて、やはり素敵なバンドだと思います。
特にインスト曲の時が、より、完成度高いです。
そりゃそうだ。

一緒に掘りだされてきた、2010年夏のジャズストリートと、
2012年3月のRIVERSTライブのDVDは、何故か再生できませんでした。
特にRIVERSTライブの方は、たぶんある意味すごい内容だっただろうと思うので、
危うく観てしまって、恥辱のあまり蹲るはめにならずに済んだため、
まあ、ある意味よかったのかもしれません。でも観たかったです。
(ボーカルが)全然DefyingできてないDefying Gravity聴きたかったです。

あとは2011年のダウニーのライブDVDも観ましたが、
とりあえずMCが長すぎ&テンション低すぎ。
「いつもMCが長いので今日は短めで」と、中森明菜も真っ青なロートーンで
冒頭に呟いておきながら、そこから10分近く話しだすという堂々たる暴挙。

ライブハウスの人が毎回注意する要注意人物になっていたのも納得です。
今後は気をつけます。


ちょっと落ち着いたら、
自分の中で禁忌枠入りしている、更に前のバンドのDVDを観てみます。
多少近所迷惑になる程度に、ギャーギャー騒ぐと思いますので、
周辺住人のみなさん、あらかじめご注意いただけますようお願いいたします。



スポンサーサイト