category日常

生きているから かゆいのです

trackback--  comment--



声優の大平透さんが、御年86歳で亡くなられたということですが、
常日頃から、
「私に情報が入らぬ所で大平透さんが亡くなっているんじゃないか(お歳がお歳なので)」
という不安にかられ、定期的に大平透情報を検索していた私なので、
とうとう来るべき時が来たんだなあと、それはそれは寂しいきもちです。
なぜなら、大平透さんのことは好きだったからです。
アニメ作画監督の荒木伸吾さんが亡くなられた時と同様の、
「そのうち来るとは思っていたけどついに来ちゃった訃報」に触れてしまった、やるせなさ。

人はいつかは亡くなるものだから仕方のないことですが、
少なくとも、まだ生きている私達や、そんな私達が死んだその後の後世の間にいたるまで、
与えられる何かを残せる人生というのは、
終わったその後も、意味のある幸せなものなのだろうと思います。





それはそうと、身体が痒いです。
厳密に言うと下半身が痒いです。
主に、太ももと膝裏と脛と足首が痒いです。
どれぐらい痒いのかというと、とんでもなく痒いです。
起きているときは我慢できますが、寝ている時にかいているので、
足のキズと痣が、また悲惨な感じになってきました。

日本からいらっしゃる方のお土産はムヒを希望しています。
ムヒを。
誰か。
誰か大量のムヒを私に。


スポンサーサイト