categoryOn This Day

On This Day 【10FEB】

trackback--  comment--



本日は西暦2016年の2月10日 (水)、

かつて自分が撮影した携帯電話の写真から、
○年前の同日、一体私は何をしていたのか、探ってみましょう。


※2月10日、 もしくは同日の撮影写真がなかった際は
  その前の一番近い撮影日の写真をピックアップ。











◆2015年1月8日 (木)

20150108.jpg

初っ端から、2/10と1ヶ月以上の隔たりがある写真がきました。

それというのも、すべて、私が
携帯紛失・盗難・故障・破壊のプロフェッショナルであることが根幹の理由なのですが、
ちょうど去年の今頃は携帯の切り替え時期にかかった頃で、
私が保管しているデータでは、この1/8の次は3/16まで飛んでいるような状況です。

ただし、よくよく考えたら、この時は 「携帯の不具合に因る買い替え」 の時で、
壊れたわけでも無くしたわけでもないので、恐らく、
携帯端末そのものには、1/8から3/16までの撮影データも残っていると予測されます。
たぶん、データバックアップを1/8までしか取っていなかったのでしょう。
ただし、あの携帯、一年経たないぐらいしか使ってないのに、
当時買い換えずにはいられなかったほど、頭のおかしなレベルの反応の遅さなので、
今起動してもそのノロマ具合にイライラさせられることがわかりきっているため、
探ることは諦めます。

ということで恒例赤福自慢写真。
過去の日記を探ったら、JUNさんからのお土産だったようです。
あ、ちなみに今年の年末、日本に帰った時、
あれだけブログでおねだりしたにも関わらず、
東海地方から帰省してきたおにいちゃんは赤福を買ってきてくれませんでした。

おにいちゃん!!!
ブログ読んでないでしょ!!!
まあ、読まれたら困るんだけど!!!









◆2014年1月15日 (水)

20140115.jpg

またしても1ヶ月近くの空白期間。
この時の携帯に関しては、この後の2月末のイベントの時に失くしたのですが、
1月後半と2月分のバックアップを取っていなかったため、
その期間の撮影データはすべてぶっ飛んでいるということです。
大してその間、おもしろい写真も無かっただろうから別にどうでもいいのですが、
2月末のイベントの2日目に失くした時、前日の1日目に大量撮影した
個人的趣味の画像が全て消失してしまったことが最大のショックで、
なかなかの落胆にくれたまま、空元気で2日目ライブへ挑んだ記憶があります。

画像は、日本からホーチミンへ帰る時の飛行機内から撮影。
ベトナムへ来てから初の帰省だったため、
肌が完全に日本の水と寒さを受け付けなくなっており、
滞在中盤から後半は完全にほぼダウン状態だった時なので、
帰路の機内でも、尚うなされ気味だった悲惨な思い出が蘇ります。










◆2013年2月10日 (日)

20130210.jpg

ああ、考えてみたら、
日本に居た頃は、毎年この時期は、これが出てきますね……。
家庭内にてやりとりされるチョコ (の一部) だけでコレですからね。
それ以外にもいろいろあるわけだから、そりゃあ、
毎年2/10から1週間ほどの間の私の身体は重くなったり肌が荒れたりもするわけです。

私無き後、毎年手に入れるかわいいチョコの自慢をする相手が減ったことを嘆く母智子は、
いつもあんまり連絡してこないくせに、2月だけは特別で、
その年の購入チョコの写真を見せびらかして送ってくるようになりました。

そして父は毎年、とある一人の友人女性からチョコを送られ続ける習慣があり、
それは今年になっても相変わらず続いていたそうなのですが、
どうやらそのおばちゃんは毎回、父以外の友人おじさん達に
割とくだらないスーパー市販チョコか何かを配りつつ、
父にだけ後ほど別枠で、ゴディバやらルーテシアやらのチョコをくれるとのこと。
更にいうと彼女は独身だという話なので、
そういった点から、私はなかなかの湿度と熱意と本気ぶりを感じ取ってしまい、
結構アブない環境が、我々家族の知らない彼の周辺では
いろいろと広がっているんじゃないかと割とマジで思ってるんですが、
そんな曰くつきにも思える高級チョコをむしゃむしゃと食べた後、
いそいそとお返しを買いに行くのが妻・智子の役目で、
なんだかんだ毎年、チョコのやりとりは、
父を通した形で、そのおばちゃんと母の間で行われているわけです。
冷静に考えると不気味な話です。










◆2012年1月27日 (日)

20120127.jpg

新潟市東堀のチョコレートカフェ 「Give me chocolate」 デビュー日ですね。
この時の日記のテンションでも分かる通り、舞い上がり方が異常だった日。
近頃 「私の好きだった新潟のお店が閉店する率の高さ」 を異様に実感しているため、
不安になってギブチョコのブログを探してみたら、
最新更新日が昨日だったので、だいぶ盛況に運営を継続されているようで一安心しました。

それはそうと、意気込んで訪れたお店が 「休業日」 である確率が
常にハイパーセンテージの運命を誇ることで有名なわたくしですが、
そんな私でも、もはや唖然とするレベルでことごとく縁の無いお店というのが、
新潟市に数店舗あるパン屋さんの 「サフラン」 。

今年の年始に母と車ででかけていた際、帰りにパンを買って帰りたいという話になり、
女池周辺を走行中だったので、サフランへ挑んでみたところ、
確信に近い予想が見事的中し、絶賛休業中。
仕方がないので、同じく女池エリアで移転をされたという 「カブト」 へ行くも、
そこもゲートを閉ざして 「Closed」 の残酷な看板表示。
だんだんと躍起になってきて、
近くで思い当たった 「ボロニヤ」 へ希望を託しましたが、
さも当然かのような冷たさで閉まっているどころか、なんか名前まで変わっている始末。

そこでようやく、「年始だからパン屋が休みなんだ」 ということに気が付き、
もう正直、門前払いの連続に疲れ果ててパンなんてどうでもよくなってましたが、
もはや買わずに帰ることも意地でできなくなっており、
結局アピタ亀田店のパン屋で、申し訳程度に1~2個買うことで、
引っ込みのつかなくなったパン購入欲を満たし、とぼとぼと家路についたのです。

でも年始っていっても1/3ぐらいだったんですけどね。
人気店の殿様商売反対です。









◆2012年1月27日 (日)

20110210.jpg

近頃、チロルチョコの情報サイトを見ていたのですが、
チロルチョコを気になり始めた2008~2009年ごろから、
日本を離れる2012~2013年ごろまでの間の発売チロルに関して、
地域限定や、パッケージだけのコラボ商品以外、
新作味が出たものについては大方私は網羅できていたようです。
なにせ、あの頃は2chのチロルチョコスレの住人となり、
(そこが一番情報流通が早いので)
新作チロルの情報を逐一チェックしたうえ、発売日にコンビニへ向かう始末でしたからね。

思い出してみると、ハマり始めたきっかけは、2007年発売の 「塩バニラ」 でした。
一番たくさん食べたチロルは、毎年出る人気の 「きなこもち」 でしょうが、
個人的に好きだったのは、さくらもち、アップルパイ、みるく大福あたりです。

今、ホーチミンでは、8個入り袋の抹茶もちとチョコバナナが手に入りますが、
それぞれ日本では100円前後で売られている商品が、
こちらでは230円ぐらいと倍以上の釣り上げられ方がされているので、
それらに対しては、相当、精神状態が豊かなシチュエーションでないと、
購入には至らない対象という残念な認識を持っております。

あ……
今回ばかりは、近頃連続している 「東南アジア独特の一部市場高騰価格への不満」 を
口にせずに進めようと思っていたのに、またしても書いてしまいました、
このままでは私のドケチイメージに拍車がかかる一方なので、
サラッと流して、ラスト2010年へいきたいと思います。









◆2010年2月10日 (水)

20100210.jpg

安定の……
チョコレート率……

私はクリスマス同様、バレンタインの 「女性が男性へチョコレートを贈る」 という、
起源へ対して根拠不明の日本独自の習慣について、
本来の成り立ちを考えても、そこへ従うことにあまり納得がいっていないわけですが、
純粋に、この時期に、地元では通常手に入らない商品が入荷したり、
特別綺麗だったりするものが豊富に市場に出回ることを幸いに、
ただの一チョコレート好きとして、はしゃいで毎年乗っかっているということです。

それとは別に、自作成形チョコレートを作る際も、
神経質で心配症な性格上、多少凝ったものや、見た目が面白いものを、
できるかどうかは別にしても、作ろうとするチャレンジだけはしてきたのですが、
今年は久々に自作をしてみようと策を練ってみた結果、
大前提の事実として、

材 料 が 全 然 売 っ て な い 。

製作に求める材料が、ホーチミンでまったく見つけられず、どこに売っているかわからない。
近いものを見つけたとしても、欲しいものとは少し違う上に、値段が高すぎて論外。
(例 : 日本で100円程度で売ってそうなアラザンの小瓶が約900円)
というわけで、ホーチミンでも確実に手に入る材料からできるものとして、
無難な生チョコトリュフをコロコロ作って、今年の2月はチョコ欲を満たしましたとさ。

ちなみに、普通になめらかな生チョコを目指したはずなのに、
後半、固まりが悪かったので追加で投入したチョコが一部溶けきっておらず、
ところどころ小さな固まりが残るという、
いかにも料理センスのない女がやらかしそうな凡ミスを犯した挙句、
「チョコチップが入っているヤツはアタリだよ!」 などというこじつけで
開き直った事実については、どうかここだけの話にしていただけますようお願いします。









さて、時期柄しかたがないのだと思いますが、
結果的に記事がチョコレートスペシャルになってしまい、
「チョコレート」 って何回も書くうちにチョコレートが恋しくなってきましたので、
今日はチロルのきなこもちでも買って帰ろうと思います。
きなこもちは、売っているお店も限定しているのですが、
8個入り一袋で260円ぐらいするので、他の種類より少し高いです。
いや、別に、ドケチイメージ払拭するために必死なわけじゃないです。
上の方で、もうお金の愚痴は書かないっていったのに、そのすぐ後に、
製菓材料の高さについて口を滑らせたことを後悔してるわけじゃないです。



そういえば、12月と1月にこの記事を書かなかったのは、
別に何か理由があったわけではなくて面倒くさかったからです!
あと、書いてる日が全然10日じゃないっていうツッコミは、
もうこれが普通になりすぎて多分誰もしてくれなさそうです!

ではまた来月!(たぶん)





スポンサーサイト