category日常

ワタナベさんと結婚した暁にはやらなくてもよくなる行事

trackback--  comment--



12696354_1718325225069370_1405841328_o.jpg

豆撒いたよ!


それにしても、毎年まともな恵方巻も食べられない数年間が続いていたので、
今年は自分で恵方巻を作ろうと思い立ち、
昨日、具材もそれなりに揃えたのですが、
最後の最後で焼き海苔を買う段階になって、
「200,000ドン (約1,060円) 」 という価格にどうしても自分の許可が降りず、
結局1,000円をケチることで恵方巻の製作を諦めるという
己の守銭奴ぶりを実感する2016年節分となりました。

とはいっても、帰り道の間に、一応海苔を探して3軒はお店に入っているんですよ。
しかしその全てがファミリーマートであった上、
どの店にも1,000円の海苔しか置いてなかったので、
イラついて、意地でも買いたくなくなったんですよ。
だって帰り道にファミリーマート以外で
焼き海苔を置いてるところが他には無かったんですよ。
スーパーとか日系食料品店とか行けばあるのはわかってるんですけど、
旧正月前のレジ&道路激混み状況がわかりきっている中、
わざわざ海苔のためにいつもの2~3倍の労力と時間をかけたくなかったんですよ。
でも実は最後の最後でも、
1,000円は絶対払いたくはないけど恵方巻はどうしても諦めたくなかったので、
1枚単位で売ってる安価なベトナム海苔(お菓子)で代用してやろうかなと画策して、
それを一応買って帰ったはいいんですけど、
サイズがあまりにも予測と違いすぎてまったく利用できずに終わったんですよ。

なので結局、節分にちなんで作ったけんちん汁
(市場で、ベトナム語のメモ見せて「里芋ください!」 と頼んだら渡されたタロ芋入り)と
本来恵方巻に使う予定だった具材で作った炊き込みご飯で妥協し、
結局今年の恵方巻は無し。


くそ……こんなことなら、
最後に立ち寄ったファミマで200円で売ってた既成品恵方巻でも買っておくんだった……
ちゃんと今年の恵方 「南南東」 を示してくれる
「恵方コンパス」 なるアプリまでインストールしたというのに……


でも 「恵方巻」 なんて、結局、セブン-イレブンさんが
日本人へ植えつけたビジネスの香りしかしない胡散臭い近代文化だし、
2012年から既に言っているように
結局今なんて棒状のものであれば何でも「恵方○○」として受け入れられるような
本来の根拠とはあまり結びついていない現代日本の状況ですので、
とりあえず、恵方を向いて丸かぶりのできる円柱状の食べ物を摂ることで
「雑節の伝統行事を楽しむ」 という風情を味わうことだけは遂行しておこうと思います。



というわけで、今年の恵方フードはこれ。



12696717_1718363361732223_849487046_o.jpg



裂けるチーズ。




細すぎて満足できません。




スポンサーサイト