category音楽

Yesterday's Setlist

trackback--  comment--



12669747_1717395491829010_2098060418_o.jpg


昨日はSaigon Rangerさんで夜ライブ。
ライブハウス出演は、何故かものすごく久々なイメージがありましたが、
考えみたら、Rangerはクリスマス前の残念パフォーマンスライブ以来なので、
実際は一ヶ月そこそこぶりでしかないということを、今、ようやく思い出しました。


今回のライブは、数日前にブッキングをいただいたため、
メンバーの予定の都合もあり、当日まで練習やら衣装打ち合わせやらできない状況で、
「Japanese Cosplay Night」 とわざわざイベント銘打っていただいたのが
非常に申し訳なくなるような作りこみしかできなかったのですが、
なんやかんや、21時始まりという遅い時間にも関わらず、
ペンライト持参のヲタ芸軍団ちゃん達にも恵まれ、
なかなか楽しいリハビリライブを繰り広げさせていただきました。

彼らは、若い割に訓練のされたキレキレオタ芸ボーイズでして、
一番最後、
「ラストはボーカロイドの曲だよ! みんな大好きハツネミクだよ!」 と煽ったところ、
どこから結びつけたのか、
「センボン! センボン!(千本桜)」 と、ほぼ断定に近い予測を立て、
勝手に、千本桜専用布陣と思しきフォーメーションを取り出したので結構焦りましたが、
実際曲が始まって、World is mineだとわかった瞬間、迅速かつ的確な布陣再構築へ走り、
ものの数秒でWorld is mineヲタ芸へ修正を効かせるという有能ぶりまで披露していました。

しかも、そういった界隈の民族に詳しい、
LCLオタホイホイ担当カリスマメイドTOMOさんの考察によると、
彼らが利用していたペンライトは、
割と安価 (それでもベトナムでは高い) の使い捨てサイリウムではなく、
電池式の、色まで変えられるLEDペンライトであったとのことなので、
いわゆるお金持ちのお坊ちゃんたちの枠組みなのかもしれません。

そんなイイトコ (決めつけ) のご子息たちが、
夜23時近くまでヲタ芸やりにナイトシーンへ集合してくれるだなんて……
ベトナムにおいての時代の移り変わりを感じると共に、
君たちとりあえず今日は日曜だし、早く帰って寝て明日寝坊するんじゃありませんよという
保護者的な心持ちも芽生えることができ、皆のおかげでとても充実した夜となりました。
本当にありがとうございました。


あとは、大規模デスメタルイベントのアフターライブであった点も相当に衝撃的で、
ヘドバンしまくりお客の波に湧く激烈ハードサウンドの直後、
そこから最もかけ離れた世界の住人とすら言えそうな、
キュート満開スイート全開きらきらスワロフスキーメイドさんが
ステージへ登場した瞬間の異世界の融合感といったら……
近年稀に観るレベルの特殊ぶりだったといっても過言ではないでしょう。

しかしおかげさまで、ライブ中盤、何故かセトリの中でも一番デスメタから遠いであろう、
The・アニソン 「ふわふわ時間」 のあたりで、デスメタルイベント出演者でいらっしゃった、
ドイツからのFleshcrawlボーカルさんが客席で盛り上がってくださり、
それを見たヲタ芸軍団がテンションあがって、彼を囲んで踊りまくるという、
もうそれこそカオスの極みのような
新ジャンル空間が生まれ出る瞬間を目の当たりにすることができました。
ちなみに、Fleshcrawlさんの見た目は、100%デスメタラーぽい、こんな方です。


Fleshcrawl-Rock-Hard-Festival-2013-17-05-2013-01.jpg


この画像と、上記の状況説明を併せて、どうぞ当時の混沌具合の凄まじさをご想像ください。




さて余談ですが、
なんだかんだ、私がLCLに入って一番最初にやった曲がグラマラススカイなので、
長いようで短い二年半分の思い出も、全てつまっているような印象があり、
今ここに来て、演奏することに最も思い入れの深い曲になっています。
昨日は練習でも本番でも耐えられない何かが流出してしまい、
結果的に歌は散々なことになってしまいましたが、
私がこの二年半、バンドから得ることのできたすべてのことを引き続き思いながら、
2月も、愛をこめてお送りしたいと考えております。


ということで次回イベントは2月末のSpring Days!
果たして暴走族コスプレはベトナム人に受け入れられるのか!
KAZUKIのビジネスマンコスプレにも乞うご期待!




スポンサーサイト