category日常

さようならパゴファジア

trackback--  comment--




年末年始の大きな事件の話の時に、書き漏れた、
大きな事件その3の話がもう一つあるんです。

私の代わり映えのしない2♡年間の地味な人生を揺るがす一大事が、
この年末 (より、厳密に言うと少し前) に巻き起こりました。

今より遥か彼方、思春期前後から青年期を経て成人期に至るまで、
まさかこの一生において私が得るはずもないであろうと確信していた状況の只中に
自分が存在しているというこの現実を、未だに信じきることができません。
人生って、本当にどうなるかわかりません。



実は私、昨年末から、

氷を食べなくなりました。





飲み物の類は基本的に氷目当てで注文を選び、
飲み物自体は飲み残したとしても氷だけは意地でも完食し、
食べきれないサイズの大きめ氷については、口に入る大きさになるまで地道に溶かし、
ドリンクバーでは主に氷のお代わりばかりを数回繰り返して終わる、
そんな、私の異様な氷執着摂取を繰り返す日常が、
ついにここへきて終焉を迎えているのです。

終幕のきっかけになった出来事について、心当たりがあるにはあるのですが、
そうなりはじめた12月頭から今にいたるまで、
私は、今までの一種異常とも呼べた愛情の反動としか思えないような、
辛辣なまでの疎遠な対応を氷に対して徹底している次第で、
やむなくヤツが私の前に現れたとしても目もくれないどころか、
時には疎ましさすら感じ、果てにはその存在の鬱陶しさへ、
憎しみにさえ近い不快感を覚えるような始末なのです。

可愛さ余ってなんとやら……


まあそんなわけで、我が家の冷凍庫については、
氷大臣の私が幅を利かせているうちは、
氷切れを起こすことなどあり得ないと自負していましたが、
ここ最近は残念ながら、
製氷機が空っぽであるという状態が通常営業になってきてしまいました。

2♡年間もの間、あれほど近い距離にいて、
常に愛情を注いできた対象であるだけに、
予期せずこういった展開になることには一抹の寂しさも当然抱きますが、
ひいては、私自身の健全で健康な体調の維持にもつながってくる現象でもありますので、
しばらくの間は私と距離をおいていただき、
またいつか、私の身体が不健康を受け入れる体制になってきた際は、
あたたかく受け入れ、その甘い邂逅と再会とを楽しみたいと考えております。



ちなみにですが、カキ氷は相変わらず好きです。
雪だるまも好きです。
日本の皆さんは大雪異常気象による雪だるまフィーバーで大変なようですが、
体調管理、雪道運転等くれぐれもお気をつけくださいませ。
大雪の時のコインパーキングは時々、
半日止めてもセンサーがおかしくなっていて、
100円しか払わなくてよくなったりしますが、皆様はご活用なさいませんよう。


スポンサーサイト