category音楽

ライブ音源 【Kesera Halloween Live】

trackback--  comment--




【Catholic / G-Schimitt】







MP3

戦いは今まさにその火蓋を切って落とす 黄金の民は何も信じられない
素足には血が滲み 体からは死にゆくものの匂いがした 永遠の愛を勝ちとる闘い

罪深き者の汚れを 隣人の血であがなえば お前の神は遠く彼方へ

焦燥は日毎濃く暗い影を落としてゆく 黄金の民は何も信じられない
ステンドグラスに刻み込まれた約束は 奇跡を待つ墓標の群れ

暗い聖地に息絶えて 生贄の血は流せれた お前の神は遠ざかっていく

水はやさしく体をつつむだろう COSMOへと変わりゆく私の亡骸

堕ちてしまえば再び堕ちることは無いのに  あなたの優しい手が私を現実へ引き戻す
神が天上からその手を貸したところで  誰に見えるというの   この淀んだ地上で


―――――――――――――――――――――――――――

Mr. Hiro Sanadaより、一番初めに
「貴女のイメージを思うと、
 80年代の耽美的New waveがどうしてもよぎる」 と通告された上で、
一番おすすめとされた、G-Schimitt (ゲーシュミット)の楽曲を、
半年越しにようやくカバーすることができました。


この日はハロウィンライブ・ゴシックナイトと銘打たれ、
演奏曲目についても、普段Hiroさんとやらせていただいているような、
割とポピュラー気味の邦楽歌謡系列から一線を画し、
ゴシック的な妖艶退廃楽曲でかため、
会場自体も、暗めの照明にキャンドルという、雰囲気のある空間作りがされており、
ハロウィンにかこつけた形ではありましたが、なかなか我々の元来の趣味にも基づき、
趣向を凝らせた演奏をお届けできたように思っております。


しかし、いつものことなんですがこの日も歌詞間違いがひどく、
この曲に関しても、
「ステンドグラスに刻み込まれた約束は」 というくだりを、
「ステンドグラスに刻み込まれたコクソクは」 
などと堂々と言い切っている様子が聞いて取れます。

なんなんでしょう、コクソクって。
果たしてそんな日本語が存在するのかという根本的なところから気になって、
ネットで検索をかけてみたところ、驚くべきことに以下の情報がひっかかりました。

 こく‐そく【觳觫】
 [ト・タル][文][形動タリ] びくびくするさま。死を恐れるさま。


なんという……
結果的に……
結構いい感じの意味になってる……
注意力散漫が生んだ奇跡の創作……
でもたぶん日本語としてはおかしいけど……




あと、今回は素敵なスペシャルゲストチェロ、ちひろさんご参加による、
ハイクオリティバージョンでお送りした、ZELDAのWater Loverの中で、

 一番 「足を折って 目を閉じて」
 二番 「手足を痺れさせて あなたの抱擁で」

という歌詞があるのですが、それがごちゃごちゃになり、

 「足を折って 痺れさせて あなたの抱擁で」

という、 「あなた」 はどれだけ猟奇的怪力の持ち主なんだろうと
不安に感じざるを得ない即興オリジナル作詞に走ってしまう始末でした。




更にもう一ついうと、アニメ 「化物語」 のオープニング曲、
「Sugar Sweet Nightmare」 において、

 一番 「いっそのこともう 悪魔になれたら」
 二番 「知ってることだけ 何にも知らない」

という歌詞があるのですが、それがごちゃごちゃになり、

 一番 「知ってることだけ 悪魔になれたら」
 二番 「いっそのこともう 何も知らない」

という、ご都合主義なんだか自暴自棄なんだか知りませんが、
とりあえず、謎の理不尽感あふれる、
めんどくさいヤツ臭が半端ない仕上がりとなってしまいました。
こんなこという女、絶対に地雷だから近づきたくないですね。


ちなみに余談ですが、この 「Sugar Sweet Nightmare」 は、
化物語のオープニングでも数回使われていますが、
作品の登場人物、羽川つばさちゃんのキャラクターソングでもあります。

最初にこの曲を演奏した経緯としては、
LCL+ゲストHiroでのダナン ジャパンフェスでのアコースティックライブの際、
化物語のメインヒロイン、戦場ヶ原ひたぎさんのコスプレを、
私のワガママにて押し通したことがあったのですが、 
(やさしいLCLヨシさんが阿良々木くんコスで付き合ってくれた)
せっかくなので化物語の曲を演奏しようというアイディアがあり、
その時に、戦場ヶ原さんの 「Staple Stable」 & 羽川の 「Sugar Sweet Nightmare」 の
2曲を候補としてあげていたところ、時間の都合上一曲に絞らなければいけなくなり、
単純に 「楽曲の好み」 という観点から、後者羽川の歌を採用してしまったため、
戦場ヶ原さん (主人公の恋人) のコスプレをして、
羽川 (主人公へ熱烈片思い) の曲 (しかも主人公への叶わぬ愛を訴える) を
歌うという、作品を知っている人からしたら、なんとも残酷な鬼の所業を繰り広げた、
というのがすべてのはじまりです。
大変申し訳ありませんでした。
いつか、羽川のコスプレ……はしません (できません) が、
Staple Stableは歌ってみたいと思っております。



いつもはKeseraの1階 (広くて明るくて吹き抜け) を
利用してライブを行っているのですが、
ここでの録音が、どうも毎回、音が回りすぎなのか、
まったく公開できるには至らない音質でしか手に入らなかったところ、
今回は、より雰囲気の出る2階 (狭い) が会場だったことにより、
1階よりはなんとかマシな響きで録れていたのでアップしました次第です。

今回も、以前ここに書いていたオリジナル曲の演奏をしたので、
ようやく、聞き取れる演奏音源が手に入ったかなと思って
ワクワクして再生してみたところ、
音質とは違ういろんな理由で、
またちょっと公開の憚られる内容となってしまっていたので、次回に期待です。
あと、今回はスペシャル版なので動画も撮っていただきましたが、
何せ前述の通り、会場の照明が極端に暗い設定だったもので……
あと、それ以外のいろんな理由もあって…… 次回に……期待です……。




さてさて、これで、やること過密月間の10月が終わり、
小休止11月が到来してまいりましたので、
今月は、自分自身の内面を掘り下げる機会を多く作りたいと考えております。

2015年もあと2ヶ月!
もう一週間経つけど、私、未だに顔色悪いです!
あと、もう三週間経つけど、未だにイベントでついた脚のアザが消えません!
血小板が! 足りない! 誰か! 私に! 赤血球を!



スポンサーサイト