category日常

赤髪ツインテ暴走系トラブルメーカー

trackback--  comment--




IMG_20150923_1[1]


とがらし ななみちゃん という、
七味唐辛子のゆるキャラを思いついたので、
今、こうして書きこんでいるわけですが、
ただ名前が浮かんだというだけで、キャラ設定については、
別にここに書きこむほど詳細を考えたわけではないので、
わざわざ書きこまなきゃよかったな、って、
今、書きこみながら、思っています。






口だけの人間がとても嫌いな私です、おはようございます。

例えば 「明日からダイエットする」 や、
「起業して有名になる」 、などといった願望や夢を、
それを叶えたいという目的の上で先走って口にしてしまい、
結果、現実にはならなかったので 「口だけ」 と揶揄されてしまう現象については、
ある意味、止むを得ないというか、否定されることではないと思うのですが、
見込みのないことに他人を巻き込んで、
結局相手を振り回すだけに終わるのであれば、
最初から口にしないでくださいよ、という話なわけです。

ちなみに、口にした挙句、目的のために努力もしたけれど、
結論としてそれが成功しなかったがために現実にならなかった、
という状況とは全然違う場面での意味です。
確実じゃなかったり、自分の妄想の範疇でしかない情報を、
さも絶対的な事実かのように他人に断言してしまい、
それが引いては、相手の人生にまで影響を与える可能性がある、
とまで考慮できない浅はかさを誇る人々に対して、
私は人として信頼をおけませんし、
そこへはもはや嫌悪感すら覚える始末だということです。



というわけで、
おやつ時のリラックスタイムに、
「チョコミントフラペチーノ」 みたいな飲み物をデリバリーで頼んだところ、
「OK! 作れる! 近いから15分で持ってくわ! 」と自信満々で言い切ったくせに、
結局届くまでの所要で45分かかった挙句、
「ミントなかった」 という理由で、
「チョコチップフラペチーノ」 を堂々と配達してきたカフェの人間を、
私は許しません。

OK作れる、も、15分も、言わなきゃいいだけの話なのにね。

まあ、もしくは、
それが現実的に叶いそうもないということが判明した時点で、
一度は自分が断言してしまったことへの責任の元、
その旨を相手に伝えるというのが、正しい人間の道だと思いますが、
果たしてどうでしょうか?
言ったことすら、まるでなかったことになっているかのような態度が、
一般常識的感覚からしても、どうにも解せないのです。




よって、もうあのカフェではドリンクを買いません。
配達してくれたお兄さんは、NEWSの山Pに似ていてちょっとイケメンだったけど、
山Pは全然タイプでもなんでもないので、もう買いません。
あと、お釣りで、「I am X'mas baby」とかいう、
謎の暗号としか思えない怪文がメモされた5,000ドンを渡してきたので、
もう買いません。


他のおいしいチョコミントのお店を探すだけです。
人間社会とはそういうものですね!
今までありがとうございました!
買ったこと2回しかなかったけどね!




スポンサーサイト