曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

2018年09月の記事

シブレット、まるで氷山、シブレット



IMG_20180911_2.jpg


先日、成田空港からベトナムへ戻るために、
4日前から準備して成田空港へ30Kgのスーツケースを送っておいた上、
朝発の便だったので成田空港での前泊まで取っていたというのに、
出発前日になって、ようやく、便が羽田発であったことに気が付いた私です。
みなさん、お元気でしょうか。

前日に気が付くということは、
成田前泊のホテルキャンセル料は100%かかりますし、
それ以前にスーツケースは成田にあるわけなので、
ひとまず成田まで行ってスーツケースをピックアップした上で、
予定通り成田前泊ののち、
当日の早朝に30Kgのスーツケースをもって羽田へ向かう、
という強行スケジュールの決行にて、なんとか事なきを得ました。

本当に気を付けないといけないですね。
今回に関しては、自分で予約したにも関わらず、
飛行機の便詳細を一切把握しておらず、
むしろ前日に航空券をチェックしたのが奇跡とすら言える状況だったので。
(下手したら、成田でチェックインするまで気が付かなかった可能性も大いにあり)
何を考えているんでしょうね。
そして乗継便だったのですが、トランジット時間が6時間ぐらいあると
なぜか思い込んでおり、乗継空港での過ごし方まで万全に検索していたというのに、
実際は乗り継ぎ2時間でそれどころじゃなかったという。
過ごし方を調べる気にはなったのに、
自分の飛行機時間を調べる気にはならなかったというのが、
頭を使わずに生活している人間のおそろしいところですね。




そんなわけで、記事の画像は、
軽井沢で見かけたおしゃれなバッグ屋さんの写真です。
ベトナムのお土産定番”プラかごバッグ”と同じような感じのバッグが並んでいました。
値段がそれぞれ5000円以上と高額で、
更に、スタイリッシュなタグで「ハンドメイド」の文字が躍っていたので、
日本の作家さんのハンドメイドか何かかな、と思いタグの裏面をよく見たら、
小さくMade in Vietnamnの文字がしっかり記されておりました。

Oh……
確かにベトナムのプラかごバッグも、ハンドメイドには間違いない……。
ちなみに、ベトナムで同じ大きさのものを買うと、
高くとも20万ドン(約958円)ぐらいです。

ベトナムでは猥雑な市場で雑多につまれていたであろうバッグたちが、
おしゃれなタグをつけて、おしゃれな軽井沢で、おしゃれな陳列をされただけで、
何の違和感もなく、
ちゃんと5,000円の価値がある存在のように輝いていたものですから、
それはそれは驚きました。

すばらしいですね。
商売の何たるかを私は学びました。

ですが、人でごった返していた夏の旧軽銀座において、
私が見かけた時間帯は、このお店に人っ子一人立ち寄っていなかったので、
やはり5,000円はさすがに少し高すぎるのではないのかなとも思いますけどね。




今年の夏の報告は以上です。
今夏のかき氷報告は、また追ってどこかで。




スポンサーサイト