categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryベトナム

一生分のカフェイン摂取済み

trackback--  comment--






こんなてんこもりのジャックフルーツが、200円そこそこで買える環境。

「ベトナムから帰りたくないなぁ」と思わされる、日常の中のポイントの一つ。

ちなみに、ベトナムへ来た当初は、
毎朝、路上のCafe Đá(アイスコーヒー)を2杯飲んでおり、
「こんな、コクと深みの苦甘極上コーヒーが、
 2杯60円で毎日飲める現実、絶対に手放したくない、
 日本に帰りたくない!!!」と、
これも立派な帰りたくないポイントの一つとして生きていましたが、
4~5か月ほどその生活を続けたところで、
突然「もうCafe Đá無理だ」という完全拒否反応が起き、
その後パッタリ飲まなくなったどころか、
それから5年も経過した今になっても尚、
「Cafe Đáのことを考えるだけでちょっと気分が悪くなる」という
拭いきれないCafe Đá嫌いを身に焼き付けてしまう結果となったわけです。

それだけで収まらず、その後、
ベトナムコーヒーだけでなく、普通のコーヒーも嫌いになりました。
日本に居た頃はあんなにコーヒーが好きで、
ほぼ毎日嗜むほどに愛飲していたというのに、
今は正直、こうしてコーヒーの話を文章としてしたためているだけでも、
なんだか胃のあたりがぼんやりムカムカしてきて、嫌な気持ちになっています。






上記の文を書く際に、
自分がベトナムへやってきてから経った年数が
4年だったか5年だったかわからなくなり、
過去のブログから探って、5年ということが判明しましたが、
当時の記事の時期が、ちょうど今ぐらいの季節に当たっていたため、
何とも感慨深く、5年という歳月の重さを味わわされることとなりました。

今年もまた、黄色の花が空から降ってくる季節です。
私の季節は、まだ夏が続いています。






本当は全然違うことを書こうと思ってはじまったのに、
また本題に一切触れることなく脱線&脱線でなんだかまとまったので、
これにて終わり。
ちなみに、一生分のカフェインを摂り終えたのかもなどと思いましたが、
近頃、コカコーラゼロとコカコーラライトの摂取量が異常なので、
まだまだカフェイン取得は、人生において継続されていくようです。



スポンサーサイト
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。