曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

2018年01月の記事

私の底は高い弓




先日、ひょんなことから「ハイアーチ」という
足の形状(土踏まずの内側アーチが異様に高い)があることを知りました。

その見た目の特徴の一致から、自分の足はもしかしたらハイアーチなのでは?
と思って調べたところ、下記のような症状がことごとく当てはまりすぎ、
もうこれはハイアーチ確定と言う以外ない、
そんな悲しい現実を噛みしめている今日この頃です。


◆魚の目ができやすい
 → 小学生の頃から常にどこかに魚の目常駐

◆ふくらはぎや足の裏が疲れやすい
 → 毎日脚を真上に上げるストレッチをしないとダルくて寝られない

◆地面の衝撃を吸収しにくく、膝や足首に障害がおこりやすい
 → 10年以上、動かすたびに膝がパキパキ音を立てる
  ここ数年は、足首も動かし方によってパキパキ音を立てる

◆スニーカーよりもヒールのある靴の方が楽
 → 16歳の時点でこのことに気が付き、以後ヒール愛用人生

◆椎間板ヘルニアを誘発する(諸説あり)
 → 23歳の時点で椎間板ヘルニア発症


魚の目に関しては、現在も絶賛治療中です。
これまで、魚の目が原因で歩行に支障をきたしかけ、
皮膚科のお世話になったことも一度や二度ではありません。
常に、気づけば足裏にはヤツらが鎮座している半生だったため、
もしかしたら自分は、前世で魚へ対して働いた悪事が祟ったかなにかで、
魚の目の呪いにかかっているのではと
思ったこともありましたが、こういうことであれば納得です。

また、毎日寝る前に、壁を使って垂直に脚を上げ、
溜まった血流を促すのが日課でして、
他の人は、なぜこんな手間のかかることをしなくても
脚のダルさを感じずに生きていられるのだろう?と疑問でしたが、
なるほど、私の脚は異様に疲れやすいダウナー属性の持ち主だったんですね。
日々、真っ暗な寝室でコソコソと行っている脚上げをNoriさんに目撃されては
「また嫁が奇行に勤しんでいる」と思われている気がするので、
この正当な原因を理由に振りかざして、
今後は堂々とリビングでやっていく所存です。



なかなか残念な事実を知ってしまったので、
しばらく、足や脚にまつわる都合の悪いことはすべてハイアーチのせいにして
気持ちを立て直しながら過ごしていこうと思います。

足の爪が巻爪化してきているのもハイアーチのせい。
かかとが硬化して、おばあちゃんみたいになっているのもハイアーチのせい。
脚がたくましくなりすぎ、外出着が専らロングスカートなのもハイアーチのせい。
吟士の靴を、脱いだ出先でそのまま忘れてきたのもハイアーチのせい。
その後、代わりのサンダルを探すも、
ベトナムにおいて、ちょうどよいサイズでそれなりのセンスのものを
見つけるのが難しすぎ、半ばあきらめかけているのもハイアーチのせい。
というか彼の足のサイズがデカすぎて、
この前、探しているサイズの靴が「幼児靴」コーナーに無く、
はやくも「子供靴」コーナーに立ち入る羽目となった時の衝撃も、
ハイアーチのせい。


後半、日本語がおかしいですが、それもたぶん全部ハイアーチのせい。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。