category日常

昨今の異色ごはんたち

trackback--  comment--





19022584_1939535722948318_909029079_o.jpg

美しき紫スープごはん。

近頃、さつまいもと間違って紫いもを購入してしまうことが多々あり、
一度、消費に困って紫いもスープを作ってみたら、
思ったほど「紫」なスープにならなかったので、
今度はリベンジとして紫キャベツを利用し、
「紫」の完成度を追求した成果が、こちらです。
この紫は、色合い的に最高に好みの「紫」なので、結果としては成功でしたが、
食べ物として食欲がそそられるかというと、決してそうとは言えない気がします。









19073163_1939535719614985_1194195118_o.jpg

中華丼のおかずに親子丼ごはん。

もしくは親子丼のおかずに中華丼ごはん。
炭水化物+炭水化物の更に上を行く、
主食+主食の重量系丼セット。
一見、ちゃんとしていそうに見える定食ですが、
中華丼も親子丼も、以前作った余りの冷凍を解凍しただけなので、
実は最強の手抜きごはん。









19022370_1939535716281652_1315403301_o.jpg

とりあえずおにぎりでお腹いっぱいになってくれごはん。

おにぎりは、ご飯が冷めないと握れないということをすっかり失念しており、
時間的に、炊き立てで握らないといけない羽目となった挑戦作。
形が全体的にいびつなのは、
米の温度に手が耐えられず、きれいに握ることができなかったからです。

ちなみに、私はおにぎりを作るときは必ずラップの上から握ります。
それは、「人様の口に入るものに、この手を直に押し付けられない」という、
歪んだ自己卑下精神の表れに他ならないのですが、毎回、
「これ!ラップ使ってるから!手で握ってないから!ラップの上からだから!」と
過剰なまでのラップ利用アピールがしつこすぎるため、
いつも「こいつどれだけ手汚いんだよ」と家族に思われているに違いありません。









さて、以前の記事で、
徒歩圏内のデパートに入っているパン屋さんが美味しいと書きましたが、
その後、昨日には、家から徒歩2分のところにミニストップがオープンしたり、
今日、家から徒歩1分のところに、
割と信頼できるクオリティの韓国系パン屋チェーンができることが判明したりと、
ますます引きこもりライフに拍車がかかりそうな環境が、日々整ってきております。


近頃、半端ない強さでの噛み癖がついてきている吟士のせいで、
ちょっと物にぶつかっただけでもすぐ内出血する体質の私は、
彼に噛まれまくった腕と脚に、
未だかつてないレベルの濃いアザを複数所有しています。
人と会ったりするときは、余計な心配を与えないよう、
ストッキングや長袖で隠しているのですが、
その辺に買い物に行くときは普通に足露出の薄着でウロウロしているため、
たぶん行きつけのスーパーの店員の子とかは、私のことを
「異国において、日常的な家庭内暴力に耐え忍んで生きる可哀そうな外人」
と捉えてくれていることと思います。
入り口で荷物を預ける時とか、レジで物をカゴから出す時とか、
いやにみんな優しくしてくれるのは、きっとそのせいでしょう。


あと、一か月ぐらい前に、このアザたちが吟士によるものだと思い当らず、
ボルダリングに行った次の日にできていたので、てっきりそのせいだと勘違いし、
「ボルダリングのせいでアザ超できた!!」みたいな意味合いの文章を
インスタグラムにあげてしまいました。
その後訂正もせずに関係者各位申し訳ありません。
あと6年したらちゃんと吟士にもボルダリング通わせますので許してください。





スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old