category趣味

眠る前に 見たのは君の夢

trackback--  comment--



前々から薄っすらわかってはいたのですが、
人様から 「ブログを見ています」 と言っていただけることが、
対人間関係のコミュニケーション上、
私の中ではトップレベルに嬉しい発言であるという事実を、
先週だか先々週だかの、とある場面において、認識しました。

「ブログおもしろいですね」 、ではなくていいんです、
「ブログ好きです」 、でもなくていいんです、
「ブログを見ています」 、これでいいんです。


だって。書いている内容の評価の是非は抜きにしても、
とりあえず、
「私のブログを見てくれる」=「私に興味を持ってくれている」の
明解な方程式は確実に成立するではありませんか!

そうでしょう!
" 好きの反対は、嫌いではなくてどうでもいい "、だとよく言うでしょう!
人によっては、嫌いな人のブログを熱心にチェックする方も居るでしょうが、
さすがに、どうでもいい人のブログを読まれる方は通常居ないでしょう!
つまり、「私のブログを見てくれている」=「私が好き」であると、
広意義で解釈すると、それは別に一面的には間違いではない話でしょう!
だってそうだもん!
私だったらそうだもん!
ということは、今この記事を読んでくれている人は、
これを目にしている時点で、絶対に私のことが好き!
ありがとうございます!
私も好きです!
これは適当に言ってるわけじゃなくて結構本当です!



なぜかというと、私に興味を持ってくれているという一事実があるだけで、
少なくとも、私に興味を抱くに至らなかった人種の方々よりは、
遥かに、性質として波長が合う部分が多々あるに決まっているからです。
そういう人々と、私は仲良くしたいのです。
この世の全ての人間に好かれて、あらゆる人間と心を通わせたいなんて、
さすがにもう、願えるはずも無いという現実を思い知っていますから、
心を開きあう対象は、より、内部の感覚が近い人とだけで、充分なんです。


そういうわけで、波長の合う方が好きなんです。
ですから、私に興味を持ってくださる方が好きなんです。
ということで、ブログを読んでくださる方が好きなんです。



いつもありがとうございます。
私は、広い意味で、一度好きになった相手というのは、
どんなことがあろうとも、深層のうちでは、一生涯好きであり続けますよ。
表に出なかったとしても、出さなかったとしても、出せなかったとしても、
それは変わらず、ずっとそうなんです。








ちなみに、母智子は、
私にさほどの興味は無いので、もう数週間もしたら、
ブログのチェックはしなくなることかと思います。

本当にひどい人です。



スポンサーサイト
New «‡Top» Old