categoryOn This Day

On This Day 【10MAY 】

trackback--  comment--



本日は西暦2015年の5月10日(日)

かつて自分が撮影した携帯電話の写真から、
○年前の同日、一体私は何をしていたのか、探ってみましょう。


※5月10日、
 もしくは同日の撮影写真がなかった際はその前日5月9日の写真をピックアップ。









◆2014年5月9日(金)

20140509.jpg

ま  た  寿  司  か

しかも、なんだろう、これ。
恐らく、スーパーで売っているお寿司を初めて興味本位で買ってみて、
日本の 「スーパーで売っているお寿司」 とのクオリティのあまりの落差にワクワクしながら、
覚束ない手元で、こんなブレブレの写真を撮って舞い上がっていたっぽいですね。
もう、サーモンにいたっては、完全に転んでますしね。
どれだけ浮ついた精神状態でこの場に臨んでいたのかが、一目で分かる良い写真です。

そして、味については、記憶がありません。
ただ、この手のものを摂取した際のいつも通りの流れで、
食べた直後、日本へ帰りたい熱が一時的に激しく沸騰したであろうことは、
思い出せないまでも、間違いなく言える事実であったと思います。









◆2013年5月8日(水)

20130508.jpg

2年前は、5月10日も、5月9日も撮影写真無し。

その更に前日、5月8日の日付には、どうやら食事会があったようで、
大量の写真が保存されていましたが、その中から、
化け物レベルのシャコの姿揚げ画像をセレクト。

大きさの比較対象になるものがお皿の近くにないので、少しわかりづらいのですが、
たぶん、日本のシャコの10倍近くの大きさはあると思います。
日本の慎ましやかなシャコの概念しかないまま頼んでしまうと、
シャコとは似て非なる完全なるモンスターとしてしか、
この姿を認識することができない結果が待ち受けています。

ちなみに、丸揚げのこのモンスターフライが、
私に取っての最初のベトナムシャコとの出会いで、
その、予想を遥かに超えた佇まいのインパクトに度肝を抜かれたものですが、
その後、ローカルシーフード屋で何回か巡り合ったモンスターボイル (茹でシャコ) は、
フライを更に大幅に上回るグロテスクさを誇る見た目をしていますので、
ベトナムシャコで、未知の生物食世界の扉を開いてみたい方は、
是非、衛生状態が不安になるようなドローカルのお店での茹でシャコにご挑戦下さい。
モンスターらしく、殻が固すぎて、剥く時に指へ裂傷の生まれる危険性すらありますから、
取り組む際には破傷風にもどうぞご注意下さい。









◆2012年5月9日(水)

20120509.jpg

この前後は、料理の写真がやたら多いです。
画像は、料理写真としては多少美しさにかけるショットですが、
カレーの中に入れた、ハート型のキュウリを収めたかったという狙いがあるため、
仕方ないと思ってください。

ちなみに、このハートキュウリは、普通にスーパーで売ってました。
今、気になって調べたら、「デコ☆キュウリ♡」 などと銘打って、
星型やらハート型やら作っているようです。
伸び伸びと、あるがままの姿で成長させてやるべき自然の実りを、
無理やり型に当てはめ、奇形として不自然な造形へ仕立て上げていく、このやり口、
四角いスイカなどにも共通して言えることですが、
中国の纏足なんかに通じる、人工的で作為的な、力の逆流を感じてしまい、
なかなか穏やかではない心持にて対峙せざるをえない存在です。

まあでも、
「ハート型キュウリとかかわいい! ていうかそれ使って料理作ってる私がかわいい!」
といった扱いやすい思考回路のミーハー女子にはウケがいいんでしょうから、
そこを標的に、どんどん売り出していったらいいんじゃないかと思います。

見事にそこに引っかかって、斯様に使用している私も、結局同類だろうと思われそうですが、
あれ、え、ちょっと待って、ていうかこの料理、カレーにしか見えないけど、
よくよく考えたら、カレーにキュウリ入れるはずないから、もしかしたら違う料理だったのかも。
なんだろう思い出せないこわい。









◆2011年5月9日(月)

20110509-2.jpg

どっかで見たことある写真だと思ったら、
これ だったわ。









◆2010年5月9日(日)

20100509.jpg

えっと、なんか見たことあると思ったら、 これ だったね。









◆2009年5月1日(金)

20090501.jpg

たぶんこれも、前のブログの時期に、あげたやつだな。
しかも、この時期は別に携帯のデータが失われたとかじゃなく、
普通に、5/1以降5/10まで、写真撮ってなかったっぽいです。
どれだけ、おもしろいことの少ない日常を送っていたのでしょうかこの頃の私は。









ということで、ものの見事に、
全ての年において、「10MAY」 には写真を撮影しておりませんでした。

しかも後半は、隠しもしない手抜きぶりを堂々と披露する、
なかなか悲惨な日記となってしまいましたが、
まあ、最近はそんなのばっかりだから、別にいい、
というか、過去の日記探って思いましたけど、
なんだかんだで昔からずっとこんなでしたから、
つまり、私の日記は基本的にグダグダが通常営業ということですね。



いつもありがとうございます!
今後も、2年に1回ぐらいはやる気出して書きます!



スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old