曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

2013年03月の記事

また降る花を見た



FxCam_1364118407856.jpg


私は今、夏の中にいる。



今までは本当に長い春だった。
私が80歳までこの人生を送ると仮定すると、
そのうちの三分の一もの時を、
豊かで暖かな春として過ごした計算になる。


春、私が一番好きだった季節。

思いに満ちた花が咲いて、
愛に似た温もりが身を包む春。
懐かしさを含んだ新しい空気、
包みこんでくれる腕のような風。
萌芽の薫り、若い囀り。


大好きな春。
私の春。
長いこと幸せだったと思う。
常にその理由はあったのだろう。
幸福の根源であり、流し込む先でもあり、
春を春たらしめてくれていた絶対のもの。
そこへ手が届かなくなった今、私は、
自分自身の季節の移り変わりを深く感じている。













夏は春の次に好き。
秋はそれと同じくらい好き。
冬は嫌い。


ここはすごく暑い。
強すぎる日差しに、身の外も、中も、焼けつくよう。
心までもが、溶け出しそうに熱を吸う。


この夏は、きっと長くは続かない。
焦がされて、灰になってしまう前に、
感傷を求めて海を渡り、
そこから長い秋が始まる。
そして冬の訪れを怖れる間もなく、
美しい秋の只中ですべてを終えることだろう。











追記
不思議なことだけど、
異国の太陽の光に、
私はあなたの肌の感触を覚えたのです。