category音楽

またの名を、半素面でビール強奪事件

trackback--  comment2






先日、三条のAlldays Cafeにて、
人様のライブに便乗出演させていただきました。




大橋良康大先生いつもありがとうございます。
やった曲は、完全私の趣味丸出し選曲、
Danielle BriseboisのJust missed the trainでして、
この曲を、大先生と共に人前で演奏するのは今回で二回目でしたが、
前回も今回も、「曲」に対しての皆さんの反応が目立って良いという印象です。



演奏後に、曲名・歌手名を色んな方に問われるというのは、
やはりそれだけ、一度耳にした段階で心に残りやすい名曲なんだと思います。
今回もその話をお客さんとしている最中、その場に居た方の中に、
この曲&歌手名もご存知の方がいらっしゃり、
なかなか稀有な知識をお持ちだと感嘆いたしましたが、
よくよく聴いたら、今回初めて聴き、お気に召され、
終わったと同時に携帯youtubeで検索なされたんだとか。
しかもその方もその日のご出演者で、センス抜群の熟練ギタリストさんでしたが、
今度ご自分でもカバーされたいとお話されていて、なんだか感動いたしました。


あと、これは自分がやっていて思うだけかもですけど、
この曲は私の声に合ってるので、たぶん、やってしっくりはまるのでしょう。
一番有名になったのは、カバーをやったTrine Reinバージョンで、
こちらは割合伸び伸び歌い上げる系に仕上がってますが、
私が好んでいるDanielle版は、完全に喉元で歌唱(むしろ喉元で熱唱)してますからね。
そして、時々消え入りそうになったり縒れたりしながら、
その些細な声色の震えで、心の振動を直接的に表現するという、
この曲の、沈鬱気味な内容に最も適合する歌い方をされるのです。
私はそれが好きなのです。



ただし、この日の歌は、私全然ダメでした。
やっている時は気づきませんでしたけど、後で思い知りました。
やっぱりアレかな……
PAさんが、わざわざ一番高性能のマイクを出してきてくださり……
しかもその際、
「このマイク、使い方下手な奴には使いこなせねえからな!」という、
いかにも私の気後れを呼びそうなご忠告(と書いて脅し文句と読む)を
頂戴したがための気後れと緊張とマイクのことで一杯になった頭が……
原因ですかね……
でもそんな頭を作り出したのも私なので、結局私が悪いという結論に至ります。
マリブパインもピニャコラーダも大好きなのでそれも悪いんだと思います。
ていうかココナッツリキュールが好きなだけですよねそれって。
つまり、アルコール摂取ライブは失敗確立が高いという意味です。






しかし何れにせよ、聴いていただいた方とも色んな話ができ、
とても愉快で、なおかつ有意義な一日でした。
大先生におかれましては、相も変わらずの神業テクニックでいらっしゃいました。
そして、客席(特に私の周辺)から演奏中「かっこいい」の声が上がりすぎで、
なんか色々と卑怯な存在ですねなんなんですかねこれはズルいぞ


それはそうと、お客様で来ていた、焔魂のボーカルKさん(であると後で知った)に、
「歌い方を影響されていないか?」と、とある歌手の名を上げられたのですが、
今まで自覚してなかったけど、絶対その通りであるような気がして、
ていうか気がするとかじゃなくて思い返してみたら間違いなくその通りであって、
なんだか、言われた&気づいた瞬間から、鈍器殴打に似た衝撃がずっとありました。
なぜ今までその事実を事実として考えたことなかったんだろう。
これにより、自分自身で認識する自分自身の自分自身像がまた少し変化しそうです。









あと、
この日、話の中で、
いつもどういうところでライブをするのかという流れになったとき、
何故か癖で
「主にライブハウスで……」と言いかけましたが、
考えてみたら一年ライブハウスでライブしてないわけです。
だからその言葉はちゃんと飲み込んで、
「主に……その辺で……」と的確な表現で言い直しておきました。



次にライブハウスでやる時、どきどきしちゃうなあ。


スポンサーサイト
New «‡Top» Old