曼珠沙華

Der Vogel kämpft sich aus dem Ei.

2010年02月の記事

何故こんなものを撮影したんだろうという携帯画像で振り返る私の近年史①



むしゃくしゃしたのでやった。


というのは嘘で、2年に渡って分割支払いを続けてきていた携帯電話が、
今月支払い分でとうとうその責務を終えるので、感慨深くなってやりました。

しかし、むしゃくしゃしたのは事実です。





画像フォルダに入ってるやつの中でも
「なにこれ……なんでこんなもの……え、ホント……なにこれ」って
のを選りすぐりました。







moblog_71768381.jpg

撮影日:2008/02/29

初っ端からなにこれ。
このウサたんの名前はジョルジュ君ていうんですけど、
撮影日よりも更に数年前、ウィーンにて、イースターでお店がウサギだらけになる時期、
そんなたくさんのウサギたちのなかでも一番かわいかったので惚れてゲットした子です。
この時期、ヨーロッパへ孤独な一人旅に出かけるとこだったんですけど、
更に孤独なことは、行程中彼を一緒に連れまわし、風景の写真を撮る度に彼をフレームインさせていたことです。
風景だけじゃ実際私が行ったのかよくわからないし、かといって一人だから自分が入るわけにもいかないし。
良き旅の友です。
次回の一人旅の機会があればまたよろしくお願いしたいところです。

しかしそんな友人に対して何を思ってこのシチュエーションを強制したのか。
ルドルフ・ヘス(アウシュビッツ強制収容所の所長)ごっこだったかもしれません。







moblog_8604370d.jpg

撮影日:2008.03.17

なにかのバスの時刻。
ファイル名には「七条→四条大宮」とあったので、例の地のバスですね、いつも満員のやつですね。
この時、着物似合いまくりの某美女と二人で着物京都散策したんですけど、
あれは今まで生きてきた中でもかなり上位に入る素敵体験の一つでしたね。
春の京都…………(脳内トリップ)







moblog_62c6f473.jpg

撮影日:2008.08.23

かわいい。
「水に入れておくと恐竜が生まれる卵」が孵った後の証拠写真です。
なんの恐竜が出てくるかわからないんですけど、一番好きなタイプの子が生まれて喜んだ記憶があります。
24時間ぐらい経ってようやく卵にヒビが入り、更に24時間ぐらいかけて仲からジワジワ膨らみながら
出てくるんですけど、その過程がもうワクワクすること!!!!!
ちなみに隣は大きさ比較のために置かれたのであろう糸色先生です。生足エロスです。

卵は、手をつけていないやつがもう一個あるので(1年半放置中)、気になる人は一緒に孵化させましょう。







moblog_aa5dbcff.jpg

撮影日:2009.01.23

こ  れ  は  。
何故かやたらやっつけ仕事っぽい佇まいをしていた松下村塾のレプリカ(東京都世田谷区)。
人っ子一人いませんでした、良いのかこれで。
萩だなもう萩に行くしかないな、世田谷で松陰饅頭とか名づけられた超普通の饅頭食べてる場合じゃないな。







moblog_afa24f13.jpg

撮影日:2009.03.17

こんな名前のところ、入らないわけにいかないでしょう常識的に考えて。
「敷屋ぎしふ賀甲」じゃないよ。確かにそう書いてあるけど逆だよ。







moblog_36d87813.jpg

撮影日:2009.04.13

ピノキオKOEEEEEEEEEE

完全に子供達をプレジャーアイランドへ導く側の人間にしか見えない







moblog_9ee46639.jpg

撮影日:2009.06.08

誰の家だよ

スポンサーサイト