category趣味

TTAGGG

trackback--  comment2


2010020114370000.jpg


家族と趣味が被ると、
こういうことが起こります。

他にも結構あります。





しかし映画ゴールデンスランバーの宣伝すごいやってますね。

観たいけど、劇場に行くほどではないだろうな。




ふと思いましたが、伊坂幸太郎の作品は本当たくさん映像化されていますね。

で、伊坂の書く世界って結構、色が確率されてると思うんですけど、
彼の作品の映画なりドラマなりでは、その世界観にすごくよくハマる俳優と、がんばっても馴染めない俳優と二極化すると思いました。



「伊坂だ! 醸し出すこの空気は伊坂の書く人間の空気だ!」

と非常に感じたのは、「アヒルと鴨のコインロッカー」の瑛太。
あとは「陽気なギャングが地球をまわす」の大沢たかお。

この二人はかなりのものでしたよ!
間の置き方とか、立ち振舞いまで素晴らしかった。
役のキャラクターも合っていた。


映画観てないけど、「重力ピエロ」の加瀬亮も、きっとたぶん良い感じでしょう。たぶん。
しかしこの作品の要は主人公よりも弟の春くんなため、そちらのほうが気になりますが……
俳優さんの名前わからないけど、外見は可愛い感じでかなり良いですね、
今度映画観てみようっと。


で、ゴールデンスランバーの堺雅人さんは、割と好きな感じの俳優さんですけど、
ここは原作すら読んでないのでちょっと判断が微妙。
よくでてくる、飄々として何事にも動じないけど若干ヘタレっぽくありつつ芯の強い、そんな主人公だったら結構ピッタリ。
ていうかこんな憶測するぐらいなら本読めばいいんだね。




ちなみに、醸し出しの難しい伊坂空気にそぐわぬ違和感を明らかに発していたのは、
「陽気なギャング~」の鈴木京香と松田翔太。
松田翔太はひょっとしたら空気は間違ってないかもだけど、役が合ってない。
久遠はもっと天真爛漫な明るさがほしい……
だいたいこの作品は映画の完成度自体が結構ひどかった。
展開の流れがはやすぎだったし、原作の瀟酒なセンスが受け継がれてなかった。


あとは「死神の精度」の金城武と、「チルドレン」の坂口憲二。
この辺は、まず外見がちょっと……
違う! なんか違う!!
人物の陰影が濃すぎる!!



結局、伊坂っぽいかどうかの基準って、
あの雰囲気のある台詞まわしが似合うか似合わないかってとこへの起因が大きいと思った。



まあこれはあくまでも個人的な感想なので、人によって俳優さんに対する捉え方は違うとは思いますけど、
それにしても、彼の書く会話シーンは何故あれほど魅力的なのか……




「グラスホッパー」も映像化するらしいので、
もうほとんど映像化されてますねこれは本当に。
しかし「グラスホッパー」はそんなに好きじゃないのでさほど期待していませんけど。

ていうか「グラスホッパー」と「ラッシュライフ」の二つ、内容全然違うのに、
考える時、何故かどっちがどっちかわからなくなる。
どっちも個人的に微妙だったんだろうな。



私が一番好きなデビュー作は映画化されてないけど、される日はくるかな。

低予算で作られたらものすごく駄作になりそうな内容だな。


喋るカカシとか出るし。
スポンサーサイト
New «‡Top» Old