category日常

疲労骨折ならぬ疲労屈折

trackback--  comment--




21170846_1980093838892506_1275249361_o.jpg


これは、私が今までの人生で手にしたうち、
一番長いレシートだと思われます。


カワチの全品10%OFF日に合わせて、
ベトナム持ち帰り用の食料をまとめ買いしたところ、
一品一品すべてのところに「-10%」の表示が一段追加されたため。
ただでさえ買った品物が多いのに、さらにその倍のスペースを取られて、
このような最大級の長さを誇るレシートが生まれた次第です。




というわけで一時帰国中ですが、
ベトナムでの生活よりもいろいろと甘やかされて生きているはずなのに、
どういうわけだか、
ベトナムにいるよりも自分の時間(ブログを書くなど)が取れません。
そしてベトナムでの生活よりもいろいろと楽をして生きているはずなのに、
どういうわけだか、
ベトナムにいるよりも日々の疲労が半端じゃありません。


いやに毎日疲れる

夜は息子の寝つかせと同時に寝てしまい、そのまま起きない

朝も全然早く起きない

つまり結構睡眠とってる

それなのに何故かいやに毎日疲れる

不思議


原理がよくわかりませんが、とりあえず疲れているんです。
これだけ書くと、
単純に甘やかされすぎてダラけて寝てばっかりいるだけにしか思えませんけれど、
まあとにかく、全然ブログを書く時間もとれないまま日々が過ぎてしまい、
いつのまにか、もう8月も終わりを迎えようとしているわけです。


はやくも夏は終焉の気配。
皆様は今年の夏を如何お過ごしになられたでしょうか。

私は、予防接種に行ったり、かき氷を食べたり、
久々のお友達と触れ合ったり、かき氷を食べたり、
ベトナムの音楽仲間のキャンプへ遊びに行ったり、かき氷だったり、
秋田へお墓参りに行ったり、かき氷、
花火見たり、赤ちゃん見たり、かき氷、かき氷、
だいたいそんな感じの濃密な時間を今のところ過ごしており、
一時帰国恒例の「時間全然無い病」にかられ、
いささか詰め込みすぎなスケジュールで日々を送っています。

あれ、
もしかしたら、そのせいでこんなに疲れているのでしょうか?

いや、もしくは、
かき氷の食べすぎで身体が冷えて体力が失われているのでしょうか?

カップの氷菓も含めると、今のところだけで異様な量の氷を摂取していますので、
またそれは別でまとめてレポートしたいと思います。




それはそうと、
日本に帰ってくるたび、日本の良さばかりが目について深い愛を抱きます。
しかしそれは今の私が「日本」を手に入れられない状況にあるからで、
今後この国へ舞い戻り、それをいつもそばにあるものとした暁には、
今度は遠く離れた異国を懐かしみ、羨み、
美しい記憶として慈しみ続けるようになることでしょう。

そう考えると、
常に祖国の素晴らしさを知り、大事に思うという、
何気ないようで実は難しいことができるというだけで
異国で生きる意義は得られているように感じています。


さあ、果たしてあとどれぐらい、そんな異国生活が続いていくのか!
予定としては完全未定の2017年夏、
もしかしたら吟士にベトナム語を教えて通訳してもらったほうが
今後生きていきやすいかもしれない等と考え中です。








久々に書いたのに、
この方向性の定まらない内容と落ち着きのない文章。
なんなんでしょう。
結局全然まとまらないので着地点が見出せなくなってきたのですが、
それもこれもすべて疲れているせいです。
眠いです。
今は3時です。
夜中の3時です。
もうひたすら「早く終わらせて寝たい」としか今は考えていません。
というわけで終わります。

次回まともなブログが書けるのは
もしかしたらベトナムへ帰ってからになるかもしれませんが、
いや、そんなことを言って、
ベトナムへ帰ってからもなんだかんだまともに書けないような気もする、
というより、始まってから今までこのブログがまともであったことなんて
本当はただ一度すらなかったような気すらしてくる深夜3時。



スポンサーサイト
categoryベトナム

これにより、私は mông というベトナム単語を学んだ

trackback--  comment--



20427318_1965641577004399_830242675_o.jpg

主要キャラのみならず、
”先生まん”やら
”出木杉まん”やら
”きれいなジャイアンまん”やらという、
やたらマニアックすぎるラインナップの「ドラえもんまん」シリーズで有名なベトナムファミマが、
今回出してきた新作まん。



これだけを見るとなんのこっちゃという感じですが、
わかりやすくケースに入った姿が、こちら。







20428382_1965641573671066_586345637_n.jpg




すごい。


いよいよドラえもんキャラを出し切ってしまったのか、
着手する作品自体を変えるという方向転換ぶりですが、
そんなことよりも、とりあえず、おしりって。
おしりまんって。

一枚目の写真だけを見ると
「おや?セクシーな水着の胸元まんかな?
 いやいやでもまさか、天下のファミリーマートさんが、
 よもや食品の形状にそんな野卑な題材を選ぶはずもないし」
とでも思えそうな見た目をしていましたが、
まさか、胸元よりも更に大幅な野卑さを誇る、おしりまんだったなんて。


クレヨンしんちゃんの新作映画(襲来!!宇宙人シリリ)とタイアップの上で
このおしりデザインチョイスだったようですが、
それにしたって、さすがベトナムとしか言いようのない、
ある意味勇気ある商品化だと思います。


そして、中身はチョコクリームでした。
この形状で、中身がチョコクリーム。
もはやこうなってくると、購入した上でやるべきことは、
おしりまんの真ん中あたりから中のチョコクリームをうまいこと放出させて、
その様をおもしろおかしく写真におさめること以外にないような気がしますが、
残念なことに、両方のおしりそれぞれにクリームが入っているため、
いいように真ん中から中身を押し出すことはできない仕組みになっていました。


あと、私が購入したものは一枚目の写真です。
しかし何故かしんちゃんのケースに入れてくれず、
これでは何を表した”まん”なのかがまったく伝わらなさそうだったので、
先に写真をインスタグラムにアップされていた、
ホーチミン先輩ママのAさんより、二枚目の画像をお借りした次第です。
この、真ん中に空いている微妙な空洞あたりが、
もはや完璧としか言いようのない完成度を誇っている、
素晴らしい写真だと思います。
Aさんありがとうございます!






ちなみに、おしりの味は別に悪くはなかったです。
しかし、購入時にファミマの店員たちが
「おしり(笑) おしり売れたよ(笑) この人おしり買うって(笑)」
といった意味合いであろうことをベトナム語でいいながら、
ニヤニヤとやたらはしゃがれ居心地が悪かったので、
もう二度と買うことはないでしょう。



category日常

たかが一年されど一年

trackback--  comment--


20227915_1963173120584578_521475699_o.jpg

息子の一歳のお誕生日に作ったケーキ。

一歳児でも食べられる食材を使い、その総量は、
食パン3枚+ヨーグルト250g+フルーツカクテル200g+たまごボーロ30粒、
という、一人で食べきるように考えられたサイズ感ではなかったにもかかわらず
彼は手づかみ食べでほぼ全て食べつくしてくれました。
さすが、近頃、お腹がメタボのおじさん形になっているだけのことはあります。




そんなわけで、吟士が産まれてから早くも一年が経過しました。
一歳記念行事として、当日は【選び取り占い】と【一升餅担ぎ】を執り行いました。

選び取りは、いくつかの品物を並べたところへ赤子を解き放ち、
最初にその中のどの品を取るかによって、
才能や、将来の職業を占うというもの。
並べる物品には特に決まりが無く、
その解釈についても基本的に自由であるということだったので、
我が家にて即席で準備した品物は下記の通りでした。

・絵筆 (アーティスト、絵の才能)

・お金 (お金持ち、お金に困らない)
・スプーン (料理家、食べ物に困らない)
・漫画本 (漫画家、絵の才能)
・小説 (小説家、文学の才能)
・メジャー (職人、エンジニア)
・クライミングシューズ (スポーツ系、運動の才能)
・ドラムスティック (ドラマー)
・ピック (ギタリスト、もしくはベーシスト)
・笛 (笛吹き)

後半の音楽系については、細かく分類しすぎて、
それを取ったらもはや担当パートまで限定されるという
謎のシビアな厳密ぶりを演出してしまいましたが、
まあ、どれをとっても「音楽の才能」を示すという
緩やかな解釈で進めることとしました。

そして、そんな魅惑の品物(彼にとってはオモチャ)エリアへ
放たれた息子が何の躊躇も無く向かった先は……


漫画本。


なんという。
まったく予想しなかった意外な選択肢。

更にそこから、第三候補まで取り上げるのを見届けましたが、
二番目はお金、三番目はスプーンを取っていたので、
「漫画家として成功してお金持ちになり、食べるのに困らない」
という何とも夢のような筋書の解釈を楽しむことができました。
漫画家になれるのは宝くじに当たる確率よりも更に低いとかよく聞きますので、
吟士くんには死に物狂いの努力でなんとか頑張ってもらいたいと思います。



その後、前述の通りに大量ケーキを手でむさぼったがため、
手も顔も服も椅子も床もベチャベチャにしまくった吟士はパンツ一枚にされ、
その状態から、重りに等しい餅を無理やり担がされるという、
本人的には地獄のイベントである一升餅担ぎの実行へ。
これは、一生食べ物に困らず、一生健やかであるように、という願いを込め、
一升(約2Kg)の餅を担がせることによって、成長をお祝いする日本行事の一つです。

今回は状況的に一升餅を手に入れられなかったので、2Kgのもち米にて実践しました。
装着される時は何故か異様に嬉しそうでニヤニヤしている被虐趣味の息子。
しかし、さすがに体重10Kgの肉体へ対する2Kgは相当な負担らしく、
ハイハイしながらフラフラになって机の脚に頭をぶつけ、
途中からシクシク泣いていました。
そこからなんとか最終的にそのまま立ち上がったので、そこで終了。
やはり、一升餅担ぎは
「赤子がエンエン泣きながらのたうちまわる」という愛しげな様を見物するのが
一番の醍醐味といっても過言ではない様相を成していますので、
泣き始めた瞬間に、内心「よしきた!」と舞い上がったのは言うまでもありません。


そんなこんなで、当日は、Youtubeにて、
世界的有名アーティスト達によるいろんなHappyBirthdayソングで祝ってもらったり、
その翌日はお友達とアオザイパーティを開催し、
吟士だけ頭の形が異様に縦長なのでアオザイの帽子が入らなかったりと、
なかなか愉快なお誕生日を過ごすことができたように思います。


この一年は本当にあっという間でした。

ここから先もすぐに大きくなっていってしまうことでしょうから、
まだ赤子の様子が残る今の一日一日を、
大事に噛みしめながら過ごしていきたい所存です。







それはそうと、
一升餅と選び取りって、
一歳の誕生日に、一般的に行うものなのだと思って我が家でもやりましたが、
調べてみると、現代の家庭で実施する割合はせいぜい3割程度らしいです。
なぜ私がそう思い込んだのかというと、
近頃、触れる機会の少ない「日本の赤ちゃん文化」についての情報収集を
インスタグラムに頼っているところがかなりあり、
インスタに一歳の誕生日について晴れ晴れしくアップされる方々というのは
だいたいしっかりそれらを行うタイプの人たちしかいませんので、
インスタだけ見た私が「ほぼ皆やってる」と
感じてしまったのも、仕方がないことといえるでしょう。


category日常

右下の紫のものは、タロイモゼリー(にじみ出るベトナム感)

trackback--  comment--




19830118_1956676211234269_2060975065_o.jpg

一か月ほど前に、息子は卒ミルクをしたのですが、
結構余ってしまった粉ミルクを消費するために、ミルク粥を作成してみました。

せっかく、「ミルク粥」などという、女子力高そうなスイーツ系メニューなので、
思い立って形状もかわいくしてみたというのに、
普段なんでもバクバク食べるはずの息子が、
何故かこれに限って、食するのを完全拒否するという悲惨な事態に。

「こんな女子みてえな飯食えるかよ」
という男子的な見栄の現れた早熟少年なのかと思いましたが、
その後様子がだんだんおかしくなりはじめ、調べてみたら発熱しており、
単純に具合が悪くてごはんが食べられなかったという状態のようでした。


ベトナムへ来てから彼は何回か発熱していて、
その都度、熱がすぐに下がっていたので受診はせずじまいでしたが、
今回は朝から夕方までずっと40度近くの熱があったため、さすがに病院へ。
ベトナムでも日本でも、私&息子のかかる病院という病院、
ほぼすべてにおいて、突っ込みどころ満載謎ドクターのオンパレードだったので、
今回もわずかに期待を抱いて訪れたというのに、
普通の赤ちゃん好きのフランス人おじいちゃん先生で、
とりたてて特筆すべき事態も起こらず、ほんの少しガッカリでした。
その日に変なことがあったとすれば、
病院の帰りに韓国マートで買ったトッポッキが、
購入した時点ですでに賞味期限が1週間も過ぎていたということぐらいです。
かなりガッカリでした。


そんなこんなで、だんだんと卒乳の気配も見えてきて、
約2年ぶりのアルコール解禁に胸をときめかせている近頃の私でした。
ちなみにここ2年間で、一番抗いがたい誘惑を覚えた瞬間の酒は、
何故か、普段別に好きでもないはずのウィスキーだったという謎。




category日常

コンソメにいたっては、半額になっていて17,000VND(約85円)で、むしろ日本で買うより安い

trackback--  comment--




19619287_1951605801741310_1498855859_o.jpg


ベトナムに住んでいて、
これだけ日本的な物品を入手することができるのは本当にありがたい限り。
しかもトップバリュー商品はさほど値段も吊り上っていないし。
本当にイオン様様です。
そして、別段、購入必要リストに入っていたわけではないのに、
私の好きな食べ物ランク1位と2位を誇る「餅」と「こしあん」も買ってきてくれる、
NORI様様。


考えてみるとここ数か月、
一か月に一回ぐらいしかここのブログも更新されていないので、
新しい月にもなったことですし、
今月はがんばって一週間に一回ぐらいを目安に、
何かしら書いてみたいと思っています。
達成させるポイントは、一週間に一回「ぐらい」というあたりです。

ちなみに、割と時間の空いていた先月ですら一か月一回しか書かなかったのに、
それなりに忙しそうな今月に果たしてその目標が達成できるのか謎ですが、
まあ、言ってしまえばやるしかなくなるかもしれないですからね。


というかそんなことより、
もうそろそろ出産から一年経つので、
いい加減、出産記の産後編をしたためておきたい気持ちです。

がんばれ私!
そしてがんばってお昼寝いっぱいしてね吟士くん!


category日常

昨今の異色ごはんたち

trackback--  comment--





19022584_1939535722948318_909029079_o.jpg

美しき紫スープごはん。

近頃、さつまいもと間違って紫いもを購入してしまうことが多々あり、
一度、消費に困って紫いもスープを作ってみたら、
思ったほど「紫」なスープにならなかったので、
今度はリベンジとして紫キャベツを利用し、
「紫」の完成度を追求した成果が、こちらです。
この紫は、色合い的に最高に好みの「紫」なので、結果としては成功でしたが、
食べ物として食欲がそそられるかというと、決してそうとは言えない気がします。









19073163_1939535719614985_1194195118_o.jpg

中華丼のおかずに親子丼ごはん。

もしくは親子丼のおかずに中華丼ごはん。
炭水化物+炭水化物の更に上を行く、
主食+主食の重量系丼セット。
一見、ちゃんとしていそうに見える定食ですが、
中華丼も親子丼も、以前作った余りの冷凍を解凍しただけなので、
実は最強の手抜きごはん。









19022370_1939535716281652_1315403301_o.jpg

とりあえずおにぎりでお腹いっぱいになってくれごはん。

おにぎりは、ご飯が冷めないと握れないということをすっかり失念しており、
時間的に、炊き立てで握らないといけない羽目となった挑戦作。
形が全体的にいびつなのは、
米の温度に手が耐えられず、きれいに握ることができなかったからです。

ちなみに、私はおにぎりを作るときは必ずラップの上から握ります。
それは、「人様の口に入るものに、この手を直に押し付けられない」という、
歪んだ自己卑下精神の表れに他ならないのですが、毎回、
「これ!ラップ使ってるから!手で握ってないから!ラップの上からだから!」と
過剰なまでのラップ利用アピールがしつこすぎるため、
いつも「こいつどれだけ手汚いんだよ」と家族に思われているに違いありません。









さて、以前の記事で、
徒歩圏内のデパートに入っているパン屋さんが美味しいと書きましたが、
その後、昨日には、家から徒歩2分のところにミニストップがオープンしたり、
今日、家から徒歩1分のところに、
割と信頼できるクオリティの韓国系パン屋チェーンができることが判明したりと、
ますます引きこもりライフに拍車がかかりそうな環境が、日々整ってきております。


近頃、半端ない強さでの噛み癖がついてきている吟士のせいで、
ちょっと物にぶつかっただけでもすぐ内出血する体質の私は、
彼に噛まれまくった腕と脚に、
未だかつてないレベルの濃いアザを複数所有しています。
人と会ったりするときは、余計な心配を与えないよう、
ストッキングや長袖で隠しているのですが、
その辺に買い物に行くときは普通に足露出の薄着でウロウロしているため、
たぶん行きつけのスーパーの店員の子とかは、私のことを
「異国において、日常的な家庭内暴力に耐え忍んで生きる可哀そうな外人」
と捉えてくれていることと思います。
入り口で荷物を預ける時とか、レジで物をカゴから出す時とか、
いやにみんな優しくしてくれるのは、きっとそのせいでしょう。


あと、一か月ぐらい前に、このアザたちが吟士によるものだと思い当らず、
ボルダリングに行った次の日にできていたので、てっきりそのせいだと勘違いし、
「ボルダリングのせいでアザ超できた!!」みたいな意味合いの文章を
インスタグラムにあげてしまいました。
その後訂正もせずに関係者各位申し訳ありません。
あと6年したらちゃんと吟士にもボルダリング通わせますので許してください。





category

雨とブンボーの似合う古都

trackback--  comment--



18818213_1936083063293584_1922882_o.jpg



こんにちは。

先日、ベトナム中部フエのイベント出演へご招待いただいたのですが、、
出発する際、色々なトラブルが重なった結果、
お金も無く、
電話も無く、
20Kgの特大スーツケースと、
約10Kgの小さい人間を抱えた状態で、
一人だけ飛行機に乗り遅れ、ホーチミン空港に取り残された私です。
皆さんこんにちは。



それというのも、
家を出る時間を読み間違えたり、
途中でパスポート忘れに気が付いて家に戻ったり、
空港付近が前代未聞の大渋滞で、
家から空港まで通常30分のところが2時間30分かかったり、
幼児連れ乗客のグループチェックインができなかったりと、
そんな諸々が重なった結果、
私だけチェックインに間に合わず乗り遅れるという事態になったわけです。

併せて、ちょうど空港で両替しようと思って日本円しか持っていなかったり、
この数日前にSIMカードがイカれたのでちょうど空港で買おうと思っていたりという、
付随のシチュエーションも重なった上で、謎の苦境に追い込まれた次第。


更に、そんな状態で「とりあえず便の変更をしなくては」と
ベトナム航空のチケットカウンターへ向うも、
上述の通りの大渋滞のため、乗り遅れ客大発生で長蛇の列。
(しかも誰も並ばないので、もみくちゃにされながら割り込まないといけない)
そこでもたらい回しにされた挙句、
あわや、翌日17時の便に有無を言わさず変更されそうになったりしつつ、
結局、当日と翌日午前の便はすでに満席であるという旨が判明。

よって、20Kgのスーツケースをガラガラ言わせながら、
私のイライラを察した吟士も微妙にグズグズしている中、
ターミナル内を移動してLCCのカウンターへ向いました。
しかし、そこでも当日のフエ行は全ての航空会社が満席だったので、
なんとか、翌日午前のJetstarを決死の思いでゲット。



それだけならまだしも、
そこから、再度自宅へ戻る帰りの道中も、
連休初日のホーチミン市内大渋滞に巻き込まれ、2時間かかるという……。
そして、それを踏まえて翌日朝は、飛行機時間の3時間半前に家を出たら、
何故か道はスイスイで30分しかかからず、
空港で無駄に待たされる羽目になるという……。
(しかも飛行機はディレイしたので、空港での合計待機時間は4時間超)




そんなすったもんだの出発トラブルでしたが、
フエへはなんとか無事に向かうことができました。

滞在中は滞在中で、
ライブ出演10分経過の時点で、
周辺イベントからのクレームを受けて演奏中止になったり、
持って行った自分の着替えが全然足りず、
洗って乾かないびちゃびちゃの服を着たり、
吟士がベットから転落したり、と、
なかなか色々な壮絶事態もありましたが、それらを含めても、
貴重な体験が多々できた、楽しいフエ道中でした。


何はともあれ、私の失態のせいで、
出発に際して気をもみまくったバンドメンバーの皆さんと、
色々手配していただいたイベント主催フエフーズの皆さんには、
大変、心から、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あと、着替えが全部私のスーツケースの中に入っていたNORIさん。
でもとても思い出深いイベントになりました、皆さんありがとうございました。







そしておまけに、
そんなフエより戻ってきた翌日から、
発熱と、消化器系の内臓たちの不調が一週間以上続き、
しかもそれが息子にまでうつって二人してダウンする始末。

考えてみたら、ベトナム戻ってからローカルフードを食べるのが初めてだったから、
路面店で食べたブンボーフエがよろしくなかったような気もするけど、
だけど好きだよフエ!
また行くよフエ!
食べるよブンボーフエ!


category日常

生えだした 歯でちぎられそう 我がNipple

trackback--  comment--




17820158_1908869952681562_12582496_o.jpg


これこれ。

昔から抱き続けてきた「赤ちゃんが居る生活」のイメージ、
この光景だよ、これ。




最初の一か月は、リビングの中央にジョイントマットを敷き、
そこを赤ちゃんスペースにして遊ばせていましたが、
ベトナム到着と同時にマスターしたズリバイですぐに抜け出し
部屋中を探索しはじめるようになり始めたので、
ソファ前にあったテーブルをどけて、スペース移動&拡大。


ジョイントマットについては
「ベトナムの赤ちゃん家庭でも使っているのを見るし、
 どこにでも売っているだろう」
と高を括って日本からは持ってこなかったところ、
なかなか発見することができずに、入手は難渋しました。

最初に見つけたのが、1区ヴィンコムセンターの中の赤ちゃんショップで、
ド派手な原色の色合いはまったく好みではなかったのですが、
他にないのであればやむを得ないと、妥協の上、10枚セットを購入。
それを買った後、別の場所で、
もう少しシンプルな色のものを発見したりもしましたが、
なにせジョイントマットは、ジョイント部分の大きさが
各製品それぞれまったく統一されていないが故、
動き回り始めて10枚では足りなくなってきても、
この派手色マットを買い足さざるを得なくなってしまいました。


現在は1区から離れた場所に住んでいるので、
来た当初、1区のPhuong Quanに行くたびにヴィンコムで買い足しを続けており、
毎回それを持って現れる私は「常に大荷物のマットを持ち歩いている女」という
認識を、周囲(主にJUNさん)に与えてしまったようですが、
決してそんな煩わしい日常を送っているわけではありません。



また、数日前にイオンホーチミンへ行った際、
他ではついぞお目にかかることができなかった、
懐かしき「日本的センス」の上品かつ繊細な色彩を放つジョイントマット
(つまりは、普通のTOP VALUEの製品)を発見しました。
しかも、こちらでTOP VALUE製品は、
日本価格の1.2~1.5倍で売られていることがほとんどの中、
何故か、それについては、
990円の商品が120,000VND(約580円)ぐらいで売っていたので
いろいろと重ね重ねのショックを受けたりもしましたが、
もうここまで増えると、今更乗り換えることもできません。

まあ、これはこれで、馴染むとだんだんかわいく見えてもくるものです。





そんなわけで、灼熱の日々にもめげず、なんとか健康に生きております。
日本滞在時以上に自分の自由な時間が取れないので、
いろいろと体力的に余裕の無い毎日ではありますが、ひとまず私は元気です。


日本に居た時、いろんなパン屋さんのベーグルを結構な数トライしましたが、
それらに劣らないレベルでホーチミンのカフェKeseraのベーグルが美味しかったり、
渡越前日に地元で食べた、産直のジェラート屋さんの大判焼きより、
こちらの高島屋で売っている大判焼きの方がはるかに美味しかったり、
家から徒歩圏内デパートの中の福岡のパン屋さんの食パンとあんぱんが、
普通に日本の標準以上のクオリティを誇って美味しかったり、と、
なんだかんだ、
ベトナムでもさほど不自由のない味覚(主に甘味)生活を満喫している次第です。



しかし、「日本でしか絶対に味わえない味覚」として、
次回日本に帰った時は、
ひみつ堂か、hachikuか、雪うさぎか、ぴぃすか、志むらに行きたいです。
すべて、芸術的なまでの作品を提供してくれる魅惑的なかき氷屋さんです。

あとは、蒙古タンメン中本の北極ラーメンが食べたいです。


激辛&氷菓とか、振り幅激しすぎな上、お腹に良くなさそうな取り合わせですが、
ひとまず東京経由で帰ることは決定しましたので、
東京のみなさんはよろしくお願いいたします。



New «‡Top» Old